縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2005年7月29日

七月二十九日(金)

お葬式

050802-1.jpg

高齢でなくなった知り合いのお葬式に出た。戦前から外地で亡父の部下だった人だが、戦後起業され大きく成功された。会場も広く、かなりの盛儀だった。こちらは親子二代にわたるご厚誼ということで出かけたのだが、奇妙なことに気がついた。
高齢だった当のご本人が亡くなってしまうと、会場のなかの親族参列者、だれひとり、ぼくを知らないのである。当たり前だ。

故人はとっくにリタイヤされていたから、多くの花輪は、現役ばりばりのご子息の勤務先からのものだし、参列者の大多数も、おそらくそうだろう。つまり、葬儀は、跡継ぎの喪主さんの仕切りなのだ。ぼくは、お世話になった故人に会うようなつもりで、のこのこ葬儀に出向いたのだが。

受付には誰も知った人はいない。葬儀社にいわれるままに、「会社カンケイ」(息子さんのだ)じゃなく、「一般」のところに記帳する。お呼びでない?状況のような気がした。

050802-2.jpg

名簿にのっていたので、ぼくのところへも連絡をいただいたのだろうが、やあ、お久しぶりと声をかけてくれる故人が亡くなられたら、誰一人知った顔のない葬儀では、ぼくの居場所がないのである。

ぼくのような年齢に達すると、こういう奇妙な状況にしばしば出くわすことになる。
むかしの村や町内の部落内で営まれた葬式と、いまのように、数世代に渡り拡散したクモノスのように薄い縁のつながりの上の都会の葬式では、事情が異なってくるのは当然である。
こんな風にも思うのだ。生前のご厚誼を感謝して故人ご本人が連絡をくれるわけはないし、代理の人から連絡をいただいても、欠礼すべきではなかったかと。お呼びでない状況を、事前に察知せねばならないのかも。

05080102.jpg

不謹慎だが、ぼくはお経をききながら、辺りを見回し、21世紀のこれからの葬儀(自分のをふくめて)は、変わらねば成らないと実感する。ちょっと違うんじゃないの。これで、いいわけがない。どこかに無理があると。
それは、21世紀では「義理」の感覚が、変貌したからではないか。

向田邦子の「父の詫び状」の一シーン。
保険会社に勤めていた父上の母親の通夜の晩、突然、社長自らが弔問に訪れた。客を蹴散らすように玄関に飛んでいった父親の姿、それは、お辞儀というよりは、平伏に近かったと彼女は書いている。予想もしなかった社長の弔問は、それほどにも喪主たる父親に、おそらく一生忘れえぬほどの感激を与えたのである。
昭和では、ふつうだった、そんなシーンは、もうみられないだろう。

式場で、長々と読み上げられる以下同文の自治体や企業のえらいさんからの紋切り型の弔電。義理というより、マニュアル的慣習にすぎない。故人をいたむという趣旨からはずれて、形骸化してしまった。むなしいことだ。

なにがあってもおかしくない、複雑きわまりない、この世のことだから、いろんな亡くなりかたに応じた弔い方があろう。事情や立場により、悲しみの深さにより、死者を弔う葬儀のかたちが違ってくる。

このごろ、「故人の意思にしたがって」、親族だけですませたとか、あえて知らせなかったとか、献花香典は辞退という告知を、よくみかけるようなった。

05080103.jpg

高齢者の場合、当然だし、とてもいいことだと思う。
故人の強い希望だから、世間のしきたり(間違っていることが多い)に反しても、かなえてあげたいというのは正しい。

なにもかも、昔とは違うのだ。
目に涙をためて見送る人の多い葬式と、集っただれもが無表情な葬式とがある。
葬儀だといって、故人となんのかかわりのなかった人たち、多忙なのに義理で集められた人たちに、人生最後の旅立ちを見送られるのも、おたがい、妙な具合ではないか。不自然なことに思える。
「世間体」ではなく、「故人の意思」最優先がよい。遺族も世間体を気にせず自然にふるまうことだ。
今の世の中を見渡して、故人候補も、遺族がうろたえないように、正しい選択を生前にしておかねばなるまい。めんどくさいから、そのうちにといって、先送りせずに。

これからは、ウエブ上に弔問の場を設けてはどうか、と思う。
つまり、希望する人は、だれもが弔辞を述べられるようにするのだ。
遠くに住んでいる人も、都合で集まれなかった人も、ウエブ上なら、在りし日をしのびつつ記帳しこころのこもった弔辞を寄せることができるのだ。
焼香し霊柩車に合掌することだけが、お別れの儀式ではない。

親類縁者以外の学校、職場、遊び、つきあいで、故人にかかわり人生のある期間を共有したひとは、自分史と重なる部分を、長くても短くても、文章にして、霊前にささげればよい。遺族にも喜んでもらえる。

050802-3.jpg

投稿者 nansai : 18:39

2005年7月27日

七月二十七日(水)

天神祭りも、あっという間に終わってしまった。おりしも台風7号。ゆっくりと関東へ向かっているようだ。

祭りの晩、日ごろは閑散としている京阪天満橋駅は、若い女性の浴衣姿で、ごったがえしていた。ギャルのくわえタバコは、あんまりかわゆくない。連れの男性の浴衣姿が、やたら目についた。やはり浴衣が似合うのは、小さいころの女の子かな。

05072702.jpg

川面から聞こえてくるコンチキチンのお囃子にさそわれて、ぼくも天満橋を渡ろうとしたが、「この橋は、一方通行でーす」、と、大群衆に向かって、マイク片手に大勢の警官が声をからして必死に規制している。
待てよ、たちまちお祭り気分が失せた。
このまま、川向こうへと、あともどりできない雑踏に巻き込まれるのはごめんだから、回れ右して、例年通り、天満宮参拝も花火見物も、失礼した。
91万人の人出らしいが、広い大阪では、天神祭りは、局地イベントらしく、淀屋橋や梅田の駅では、知らん顔。まったく浴衣姿も見かけなかった。


祭りのテレビ中継をみたが、元参議院議員など漫才師が大げさに盛り上げよ うとしているが、例年、いかにもわざとらしく、しらけてしまうのは、なぜだろう。

05072704.jpg

ちなみに、このへたくそな浴衣美人?は、三、四年前のを、マイピクチュアから引っ張り出してきた。
ぼくにきものの常識がかけているので、元マツサカヤの呉服売り場においてあったチラシの写真をみてテキトーに描いたもの。松坂屋も撤退してしまい、シティーモールに
かわった。川は、流れるだ。
花火も美人も、パソコンのお絵描きは、こうやって、描いたものをいつまでも保存できるのが助かる。だが、ミソやウイスキーのように、長年貯蔵したから、ちょうど、おいしくなっている、というものではないのが残念。

05072703.jpg

投稿者 nansai : 14:11

2005年7月25日

七月二十五日(月)

ストレッチ中の寒天である。

kanten-1-050725.jpg

ここのところ、にわかに寒天が払底している。あっという間に、スーパーの棚から、すがたを消してしまった。乾物コーナーの片隅の日陰ものだったのに。
ネット通販でも、寒天ごとき乾物の品切れは、想定外だ。スターの欠場で、品切れに平謝りだ。寒天の製造は、夏場のテングサ取りから、真冬の乾燥凍結を繰り返して、ようやく、あのかたちになるという。需要が急増したからといって、量産はむずかしいらしい。
理由は、寒天が、「ためして合点」「あるある大辞典」などNHKほかの主婦番組で、マスコミの話題の中心になったせいである。いまは健康に良い、という情報なら、千里を走る。切実にやせたい女子高校生とその母親たちが、熱烈なにわか寒天信者らしい。
100%植物繊維で、カロリーゼロ。寒天で、やせられる、血圧が下がる、がんの抑制に役立つなど、学者や医者の推奨もあって、テレビの主婦番組も雑誌も、いっせいにダイエットに寒天の霊験あらたかなことを伝え始めた。この手の食品の話題につきものの、うさんくささがなく、素人にもわかるていどに筋が通っている。この絵の顔が赤いのは、寒天が酔っ払っているからではない。

kanten-2-050725.jpg

トマトジュースをまぜているからだ。
トマト寒天」は、かんたんなレシピとして推奨されていて、恥ずかしながら、余命いくばくもない、ぼくも毎日けんけんフクヨウしている。血糖値を下げるなど高血圧にもいいらしいが、ぼくの目的は、とりあえず、たぬきのようにふくれたおなかをひっこませることにある。
夕食の前に150グラム食べるとおなかがいっぱいになるから、食欲を減退させ、減量にむすびつくという算段。だが、ぼくのばあい、前菜がわりの寒天も腹いっぱい食べ、夕食もアルコールといっしょにがつがついただくと胃拡張気味となり、減量の成果はまだあがっていない。
冷たいトマト寒天は、なかないけるし、朝はヨーグルトとの相性が抜群だ。
そんなわけで、健康「寒天」ブームは永続しそうだ。日本の津々浦々でテングサ、ところてんなど、寒天の関連産業が村おこし、町おこしに活躍しそうだ。テングサ(厳密な名称ではないらしい)の払底でアジア各地から取り寄せることになるかも。
ついでに、虎屋、駿河屋などの老舗のようかんも、素材表示に「マルマル産寒天を使用」と大きく表示することになるだろうか。

投稿者 nansai : 16:48

2005年7月20日

七月二十日(水)

BLOGは、マーキングだ

wanko050720.jpg

犬が電信柱などにおしっこをかける行為をマーキングという、らしい。原因はさだかでないが、自分の縄張りを示す行為だともいわれている。
そう、BLOGは、自分の行為を示すマーキングなのだ。
かえりみて、BLOGを書くことは、犬やネコのにおいつけ行為に似ているような気がする。こんな本を読んだとか、こんなレストランでこんな料理を食べたとか、街角でこんな写真が撮れたとか、こんな絵が描けたとか、自分だけはこう思うとか、自分が歩きまわったあとを残しておきたい、ほかの連中に「さきにきたよ」とひそかに知らせたいという気持ちがある。
自分の(ものと思いたい)縄張りを、どんなもんだと、控えめにでも誇示したい、この広い(意外に狭い)世界に自分をわかってくれる人を心待ちにする。BLOGには、そんな下心もあるから、続ける元気が出てくるような気がする。ワンコも赤ん坊も、うちのがいちばんかわいいから、写真をみて。BLOGは、自分の行為のにおいづけではないだろうか。
電信柱におしっこをひっかけるイヌの絵にこじつけてみた。

投稿者 nansai : 18:12

2005年7月11日

七月七日(木)

七月七日は、何の日かと問うと、たいていの人は七夕の日と答える。
その日こそ、日本を破滅のふちに追いやった太平洋戦争の糸口となった中日戦争が、始まった日なのである。
盧溝橋は、別名マルコポーロ橋、北京の南西郊外にある全長二百七十?の美しい橋である。欄干には500ものライオンの石像がきざまれている。

rokoukyou050707.jpg

1937年(昭和12年)七月七日から八日にかけて、この橋の近くで起きた小競り合いの武力衝突が、日中全面戦争につながっていった。いわゆる盧溝橋事件である。
日本の新聞は、この日の史実をほとんど報じていない。コラムニストが、数行ふれているだけだ。現地の盧溝橋では、記念館が改装されたそうだ。
ネット百科事典でしらべてみよう。日本語版英語版の情報量の差は、段違いだ。これは、どうしたことだろう。
なにが起きたのか。史実の認識は、たいせつである。そもそも、当時、なぜ日本の軍隊が、北京周辺の中国軍の兵営の近くで、演習をしていたのだろうか。

中国大陸での一連の武力紛争を、ぼくらは、「支那事変」と教えられていた。大義は、東洋平和のはずだったのに。
「東洋平和のためならば、なんの命が惜しかろう」
と、小学生のぼくらも、軍歌を歌った。

わが大君に召されたる
生命栄えある朝ぼらけ
たたえて送る一億の
歓呼は高く天を衝く
いざ征け つわもの日本男児

この歌のメロディーは、まったく脈絡なく、ふとしたときに、いまも口をついてでてくる。前線の兵士に「銃後」のぼくらは、ヘイタイサン、アリガトウと、慰問文を書いた。

「肩を並べて兄さんと
きょうも学校にゆけるのは
兵隊さんのおかげです
お国のために戦った
兵隊さんのおかげです」
幼いからだをゆすってリズムをとりながら歌った。はずむようなメロディーは、いまも耳に残る。

buun050712.jpg

小学生のぼくらは、授業を中断し、引率されて沿道に整列した。小旗を振って出征兵士を送り、白い箱にいれられた英霊の物言わぬ凱旋を出迎えるためだ。南京陥落はちょうちん行列で祝ったらしいが、よく覚えていない。
戦争のような、そうでないような、不拡大方針といいつつ、ベトナムのような泥沼の戦いとなった。退くに退けぬ状況は、大義を疑うこともない国民には、知らされていなかった。

四年後の昭和16年、アメリカは、ハル通告で北支からの撤兵をせまってきた。だが、陸軍は、あれほどの尊い犠牲を出して、いまさら兵をひくことはできないとつっぱねた。こんどは、政府は、米英に宣戦を布告し、「大東亜戦争」という、市民をも巻き添えにした「総力戦」につっこんでゆくことになった。直前の戦力比較シミュレーションで得た、どうみても成算のない数字を無視しての、無謀な宣戦だった・

結果は、国中が焦土と化し、かけがえのない300万人の同胞の命と、海外植民地のすべてを失うことになった。また、この戦争にまきこまれたアジア各地の人たちの犠牲については、天文学的数字が出されている。

投稿者 nansai : 18:19

2005年7月 6日

七月六日(水)

レームダック

首相も、なめられたものだ。郵政民営化法案は、まさに僅差で、衆議院を通過した。
レームダック。びっこのあひる、とは、アメリカでは、任期切れが目前にせまって、権力をうしなったと見られる政治家をいう。徹底的に無視されるのが、つねだ。
いまや、小泉首相は、レームダックとみなされたのか。

もうこわくない。議員諸公も、アフター小泉をにらんで、国益は、そっちのけで、選挙区対策だ。次の政権へのパフォーマンスが求められる。

05070601.jpg

しかし、そもそもの、郵政改革の大義を考えて見よう。
僻地郵便局のサービスの問題は、まったく枝葉の問題だ。

問われるのは、超巨大バンクが、津々浦々の零細資金を集め、350兆円にも達することの是非である。
郵貯や簡保の資金の大半が財政赤字の補填や財政投融資に使われることは、おそらくかわらない。土建国家日本が、ほかに有望な投資先がないまま、ふたたび、不要不急の箱ものと道路などの土木建設に、動き始めるのは必至だろう。と、どうなるのか。

05070602.jpg

戦後の日本経済は、カネがあまったとき、狂ったように融資先を探し回り、こりずに迷走を始める。
おりしも田中角栄の唱えた土建国家憲法「日本列島改造論」に、アメリカの叱咤する「内需拡大」が、あのバブル怪獣を生み、この国を這い回った結果、失われた国富は、いかほどか。
一説では、優良貸出先を見失った日本のカネは、海外のファンドに吸い上げられ、税を逃れてタックスへイブンのケイマン諸島あたりに集められ、周り回って、ロシヤや中近東への石油投機資金に流れるという。
銀行や郵便局で集められた低金利のカネが、ちりも積もって、より高い金利を求め溯上して、サラ金や石油の高騰につながりかねないのが、国境をも軽々越える節操のない資本のこわさであろう。

この十五年間で、いやというほど、痛い目にあい、われわれは学んだはずなのだが。反省するにはあまりに不勉強で、懲りない政治家が多い。
いわゆる改革の「反対勢力」は、郵政族であれ、道路族であれ、大阪市役所であれ、集票にからんで、既得権と雇用の維持を守ろうとする動きが、国益と大義を圧殺する。
避けて通れない雇用の問題は、毎回、徹底抗戦を生む。かつての炭鉱、国鉄、しかりだ。
数字をみると、おそろしくなるような財政赤字減らしの一環として、郵政の国家公務員27万人を民間に移すという、国益の大きな流れを、族議員の政治家があおって阻止しようとする。

大久保利通のように、体を張って守旧派に立ち向かおうとする気概のある人物には、選挙でバックアップする以外にないのだろう。
国益と大義への実りの多い議論を戦わせ、国の進路をまた狂わせないよう、くわしく情報を提供するのは、メディアの矜持と義務だろう。国益と、選挙支持団体の利益をたくみにすりかえる政治家の口先の欺瞞を、するどく指摘せねばなるまい。職と既得権を失いたくない層にむけての、政治家の口先だけの、だましの手口は、論理的でなく、ちょんばれなのだが。

マスコミ報道の興味本位の政局談義で、ぼくの周辺の声をきいてみても、普通の人は、問題の本質がまた理解できなくなったように思える。

投稿者 nansai : 15:37

2005年7月 5日

七月五日(火)

どうしたことか、ここ八軒家界隈が、水都復興の目玉として、にわかに脚光を浴びてきた。
元気のない大阪を何とか活気付けようと、大阪府が、平成九年には「八軒家浜」に集客施設を設置して、船着場など歴史的な景観も復活させると発表したのだ。
バブルこのかた、あまりにも、死屍累々、投資の企画倒れが続いている大阪ではあるが、これは箱ものにたいしたカネはかからないし、税金でなく民間のふところを当てにするのだから、いいんじゃないの。この際、八軒家を名乗ってきた南斎も、なにか「にぎわい創出」のヒントでもかんがえてみることにしよう。

05070401.jpg

唐突だが、なにわに、河童はどうだろう。八軒家浜には、むかしから河童が住み着いていた、(ということにしよう。)
潜りはお家芸のはずのかっぱのくせに、この河童は、ゴーグルをはめているのだ。名前はまだないが、おもろい奴やと、いちびると面白いのだが。
全国各地で河童伝説は残っている。近畿地方では、河童は「がたろ」と呼ばれ、婦女子にさまざまな悪さをしたと伝えられている。大川下流の合羽橋には、一説に、あたりに河童がいたということから橋の名がついたというが、あてにはならない。
メインのシンボルにはなるまいが、脇役キャラクタにでも、「平成のがたろ」を提案しておきたい。
じまんではないが、従来ぼくのアイデアが理解されたことは、ほとんどないが、ストーリーが面白おかしく、展開できれば、意外に脚光を浴びるかも。

そろそろ天神さんだ。まず、Tシャツあたりからぼつぼつと。かっぱのつけているゴーグルは、八軒家の8なのだが。エイト インズというのは、八軒家の地名の由来が、江戸時代ここに八軒の船宿があって殷賑をきわめていたということから。

05070403.jpg

投稿者 nansai : 12:22