縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2005年9月 7日

九月七日(水)

05091609.jpg

いつの時代でも、大きくなったら、なにになりたい?とおとながきく。
昭和のひとけたの、ぼくの小さかった頃の童謡。
ぼくは軍人大好きよ、 
いまに大きくなったなら、 
勲章つけて、剣下げて、
お馬に乗って、
はい どう どう

「将来」とは、まさに来たらんとする、「未来」とは、いまだ来たらざる、ということだろう。
そして、大きくなった、ぼくら年老いたものにとって、それは、遠くにあって、さしてまぶしいものではなく、ごく手近かなふつうの日々のことになった。若いときに感じた不安やおそれも、そして、夢も希望も、いまさら、どうってことはないという、諦めか悟りに似た境地で、日々生きていける。

日残リテ昏ルルニ未ダ遠シ
藤沢周平は、隠居した三屋清左衛門に、こういわせている。
かれの日記に「残日録」と名づけたゆえんをきかれて、日が沈むまでには、まだ時間があるだろうからという意だとこたえている。別に数えようということではないとも。

老人にとって「未来」はあるか、という設問にふさわしい絵を、さてと、ぼくの描きさしアーカイブのなかから、さがしてみた。はかなくマジックが点滅する近未来だ。

05091610.jpg

投稿者 nansai : 2005年9月 7日 15:56