縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2005年10月 3日

十月三日(月)

この、トラが堀内監督をまさに食べちゃうの図は、昨年マウスをこちょこちょと動かして、たわむれに描いたもので、巨人ファンからは、悪評さくさくだった。
ことしは、阪神が、あっけなく優勝してしまった。あわれをとどめたのが、巨人である。あわや最下位という、むかしなら考えられない屈辱の事態がおこったのだ。(往年の阪神なら、ごくふつうの事態だったが)

nansai1-051003.jpg

四番バッターで一塁しか守れない、元強打者たちをFAで独占した布陣は、異常だったといわざるをえない。でも、これは、長島元監督の夢の野球ドリームワールドを、カネにあかせて、この世に実現したものだ。
いずれも、四番三番をまかせたいと、ほかのチーム垂涎の打者たちだった。その彼らをベンチに座らせて、のびざかりの生え抜きの若い選手の台頭をおさえこむということになった。堀内監督のせいではない。監督の座はひいてはいけない貧乏くじだったのだ。

トラの口から、あ、堀内カントクが、消えた!
トラがまちがえて、飲み込んだのか。

いや、責任を取らされたらしい。こんども、人事異動だったのだろうか。甲子園名物「蛍の光」の調べで送らねばなるまい。武士の情けだ。
堀内さん、今年はお世話になりました。
阪神の優勝は、ひとえに、はやばやと戦線からリタイヤしていただいた巨人軍のおかげです。

投稿者 nansai : 2005年10月 3日 18:01