縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2005年10月31日

十月三十一日(月)

ハロウイーンの絵を、ネットの資料を頼りに描いてみよう。まず、となりのイタ飯レストラン向きに。かぼちゃ仮面の提灯のなかに、ガイコツと大将がいる。イタリアで、ハロウイーンがどう祝われているかは知らないが、当店は、かぼちゃ料理週間として、パンやピザ、いろんなレシピに登場させているとのこと。
ハロウイーンは、欧米の楽しそうな妖怪まつりか、伝統と宗教上の由来があるようだ。こちらでは、商魂たくましいデパートでも、まだ、バレンタインデーのようには普及していない。プラスチック製のかぼちゃのちょうちんが、ひっそりと、デパートのお菓子売り場に並んでいるだけだ。客の関心は低いとみた。
大阪では、「おかしくれなきゃ、いたずらしちゃうぞ」とユニバーサル遊園地では大騒ぎして、こどもたち盛り上がっているらしい、とテレビで。
アメリカでは、かぼちゃのちょうちんは、仮面を彫る材料として、アーチストにも、人気があるらしい。このごろは、似顔絵を描く注文があるそうだ。なまものだから一週間でくさってしまうのだが。
思い付きの和製のアイデアで、描いてみた。
丹下サゼンだ。
05110202.jpg

投稿者 nansai : 2005年10月31日 11:42