縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2006年6月15日

六月十五日(木)

負けてほしくないゲームを二つ落としたのを、テレビに釘付けで見てしまった。一昨日のワールドサッカーと、昨夜の阪神楽天の交流試合だ。二晩、試合の終わるまで、テレビの前をうろうろしていて、疲れがどっときた。でも、くやしさをおさえつつ、負けた翌日の新聞を買い集めて、各紙の記事を比べ読みするのが、ぼくの屈折したたのしみである。

nansai060615.jpg

負けたとたん、手のひらを返すような論調が、あちこちに。はたせるかな、堰を切ったように、ジーコへのブーイングがすごい。監督の頭の差で負けた、というのが、ぼくら野次馬には、わかりやすかった。
しろうとのぼくには、戦術の是非はよくわからないが、各紙それぞれカンカンガクガクの結果論が、興味深くおもしろい。
結局、はじめから彼我の体力に、差があった。終盤、お互いに電池切れ状態だったが、ヒディング監督は、土壇場に、体力のすぐれたでかい選手を、「王手」と投入してきた。それまで防戦一方でも善戦していたのだが、ガス欠の日本選手は、力つきて「まいりました」となった。
ぶっつかりあいで身長と体重差は、ボディーブロウのように効いてくる。持久体力の差が、監督の采配でカバーできなかったジャパン。

nansai-add-060615.jpg

切れ味のよかったのは、日刊ゲンダイだ。
「勝てもしない戦争を煽った大新聞は、性懲りもなくジーコジャパンは必ず勝つ、などとデカデカ流したがデタラメだ。」と、60年前の戦争を引き合いに出して、マスコミの報道を斬って捨てている。
その点で戦前の予想は「大本営発表」で、スポーツをばかにしていると喝破した蓮実さんの見解と一致していた。

nansai060615-2.jpg

野球と違い、紙面でも、サッカーは分析の情報量が多いので読むに耐える。大新聞も、選手ひとりひとりを採点したりして、クールな分析をしている。
日経は、クロアチアに勝つには、「相手を受け止めて戦うサッカー」から「打って出てゆくサッカー」に転換せよというご託宣だ。「宮本のサッカー」から「中田英のサッカー」へ切り替えよという。この二人は、ピッチでもよく言い争っている。ジーコは何も指示しないらしい。ぼくは、ガンバの宮本を支持したい。


投稿者 nansai : 2006年6月15日 15:11