縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2006年6月26日

六月二十六日(月)

ローニンブルーのTシャツ
当然、奇跡は起こらずワールドカップは、あっさり終わった。
世論調査でも多いのが、「負けたのは、実力どおり」。マスコミにおあられた国民にも、やっと完敗の事情がのみこめてきたのは、かつての敗戦のときとおなじだ。奇しくも、60年前、沖縄戦で、物量戦で完敗した日本軍が組織的抵抗をやめた日だったのだが。

もともと実力の無い日本チームを、NHKを始め各局が、なぜ、あのように必死で盛り上げようとしたのか。
なんでも、NHKの負担するテレビ放送権料が、一説には、400億円だったそうな。なんとかモトをとり戻したいテレビ局にとっては、視聴率戦争だった。

nansai060626-1.jpg

日本チームが早々と敗退しても、中継を打ち切るわけには行かないのだろう。まだ未練がましく、サッカーマニアしか関心にない、知らない国の試合を、くりかえしくりかえし「ゴーーーーーーール」と、再放送している。
ごくろうなことだが、後始末を、もともとサッカーに無関心な平均的視聴者に押し付けられても困る。松井の姿の見えない大リーグ中継と同じ轍を踏んでいる。
なじみのない異国のサッカー試合はもういいから、番組編成を早く、平常に戻してほしいという向きは周りにも多い。
ぼく自身は、このせっかくのチャンスに、世界レベルの本気のがちんこ名勝負を見てやろうと思ってはいるが。真夜中の中継に、おつきあいはねえ。

とにかく、日本代表選手はよくやったが、体力、筋力、技術、精神力、すべてに、世界の一流チームとの「格差」があった。日本選手の一人当り海外練習試合「出張コスト」は、だんとつ、世界一だろう。ガーナとかコートなんとかのチームの試合はこびをみると、身長、筋肉にハンデのある日本がアフリカブロックにいたら、永遠に出る幕はないのではないかとさえ思ってしまう。フランスチームも、主力は、アフリカ系ばかりだ。

敗戦を記念して、臥薪嘗胆(一発で変換できるのがすごい!)をテーマとするTシャツ用のアイデアを二点描いた。
4年後南アフリカへ向かう、新チームへのはなむけとすることに。前のは、ムンクの「叫び」の構図を無断で拝借、あとのは、侍も禄を離れて「浪人ブルー」に。これでは、元気、でないかなあ。

nansai060626-2.jpg


投稿者 nansai : 2006年6月26日 11:47