縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2006年8月16日

八月某日

「敗北は、最良の教師である。」
もちろん、オカダ監督の言ではない。日本サッカーの救世主と目されているオシム監督の語録からだ。それも、緒戦に勝ってからぽつり、いいこというねえ。含蓄がある。
ああ、阪神が、ぼろぼろだ。先発投手が火だるまとなり首位中日に十一対一で破れ、マジック40が点灯した晩、見ていられなくなって、テレビを消した。

ときどき、気が向くと、昨年は何度も出た阪神特集雑誌を取り出し、マウスを動かして選手の似顔絵(のようなもの)を描いてみる。ページをめくりながら、いいポーズを探す。豆粒大の写真を見て描く。気分で描くからタッチがばらばらだ。

nansai060816-2.jpg

nansai060816-3.jpg

藤川ついに登録抹消。恐れていた最悪の事態だ。ぼくは前々から、サンテレビで、木戸前二軍監督のテレビ解説が気になっていた。阪神OBだが、よいしょ迎合せずに、クールで的確な分析をする。かれは、何度も「このままでは、球児がつぶされる」と遠まわしにだが、阪神首脳陣の場当たり的な投手起用を非難していた。そのとおりになった。
ことしはもういいから、ゆっくり筋肉をもとどおりにほぐし直して復帰してほしい。
野手出身の監督は、投手をついつい酷使してつぶす傾向があるのではないか。

nansai060816-4.jpg

藤川をこのままつぶしてしまっては、取り返しのつかない球界の大きな損失だが、過去、速球派の救援投手の寿命は短く、何度もこういう憂き目にあっている。連日連夜登板するのだから、二年と、もたないのではないか。
伝説的速球で救援し、打者を牛耳るかずかずの名場面は、いまもぼくらの脳裏に焼きついている。
語り継がれる伝説もいいが、一日でも長くしぶとくマウンドに立ってほしいものだ。

昨年の打点王今岡の抜けたことが、こんなにひびくとは。秋にはカムバックして打てるだろうか。

nansai060816-5.jpg

投稿者 nansai : 2006年8月16日 18:03