縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2006年9月11日

九月十一日(月)

nansai060911-1-3.jpg

大きな瞳、優しい表情。戦後みなが貧しかった時代、ぬりえに描かれた「華やかな世界」は少女たちのあこがれだったという。日経新聞によれば、東京には、ぬりえ美術館もできたらしい。
いま、高齢者のぼけ防止に、養老院でも、ぬりえが活用されているという。ちょっとしたブームのようだ。

じつは、ぼくが描いているペイント画は、まさにデジタル版塗り絵なのである。ぬりえのもとを、描いてしまうのだ。紙もいろえんぴつも使わない。ねこでもふねでも、えいっと、いいかげんに輪郭を描く。ペイントから、適当な色を選び(これがたのしい)ペンキ缶のしるしをクリックすると、あっという間にぬりつぶしが完了。これは楽チンできれいに仕上がる。やり直しも簡単だ。安上がりで前準備後始末、不要である。あまりに簡単すぎるのだが、認知症の治療効果が期待できれば、ありがたい。
こちょこちょとマウスをうごかすことで、多少アルツハイマー気味のぼくの脳も、活性化しそうだ。ネコの塗り絵を描いてみよう。

nansai060911-2.jpg

nansai060911-3.jpg

nansai060911-4.jpg

nansai060911-5.jpg

nansai060911-6.jpg

nansai060911-7.jpg

nansai060911-8.jpg

nansai060911-9.jpg

nansai060911-10.jpg

nansai060911-11.jpg


投稿者 nansai : 2006年9月11日 14:07