縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2006年9月15日

九月十五日(金)の二

飲んだら乗るな。すぐ降りんかい。

飲酒運転は犯罪だ。無責任きわまりない飲酒運転に、世間の怒りが爆発だ。
「飲んだら乗るな 乗るなら飲むな」のスローガンは、調子よすぎて、ききめがなかった。

nansai060915-1.jpg

それどころか、卑怯なひき逃げが増えているという。許しがたい。昨年は二万件に達し、10年間で3倍に増えている。厳罰の飲酒運転がばれるのを恐れて、ドライバーが、被害者を救護せずに逃走するのだ。これはひどい。もう二度と悲惨な福岡の幼児三人の死亡事故をおこさせないようにせねばならない。

昨年の飲酒運転検挙件数は14万件だった。
この際、飲み屋だけでなく、酒造メーカーも自動車メーカーも、自動販売機業者も、もうけてばかりいないで、飲酒運転撲滅のキャンペーンを、カネを出して、もっと本気でしてもらいたい。酒も自動車も、潜在的な凶器なのだから。製造業者責任はあるはずだ。
道路上では、禁酒法を適用すべし。アメリカとちがって、この趣旨を徹底するように、まじめに取り組んだ広告もみたことがない。

「飲んだら乗るな。すぐ降りろ。」ぼくも、ポスター用に絵を描いてみた。
酒気帯びの千鳥足運転が大事故を引き起こす危険なのだ。この絵では、クルマが、いい気持ちで、酔っ払ってふらふらしているようにしか見えない。失敗作だ。

で、つぎに、改善したつもり。だが、やっぱり狂気の酔っ払い運転の恐怖が伝わっとらん。あんまり迫力ないねえ。

投稿者 nansai : 2006年9月15日 14:51