縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2006年9月29日

九月二十九日(金)

nansai060929-1.jpg

さあ、最終決戦。甲子園は大騒ぎだ。「8連勝で迎え撃つ!やり返せ猛虎」(スポニチ)とスポーツ紙はかまびすしい。胸が騒ぐではないか。本来、戦いすんで日は暮れての、この時期に、結構なことだ。

nansai060929-2.jpg

対中日5勝13敗のあげく、41歳の山本に準完全試合をくらって、ぼくは、あかん、シーズンは終わった、南無阿弥陀仏、なんまいだ、をとなえた。ところがだ、息の根がとまったと思ったら、どっこい、虎は生きていた。死んだはずの投手陣がしぶとく生き返ってきた。

名将!オカダ監督が、王道野球のころもをかなぐりすてたのだ。昨年の打点王今岡が長期欠場して、鉄壁のはずのJFK防衛線がくずれ、とたんに、なりふりかまわぬ戦いぶりで、タイガースは、驚異的ペースで勝ち始めた。8連勝は、けなげである。「天晴れ」をやろう。

ことしの甲子園球場入場者数は、300万人を超えると予想されている。昔はおっさんが多かったが、新しい若いべっぴんのトラキチも増えた。がんばってもらわねばならん。ぼくも、300万分の一の観客だ。一回だけ、観戦した。

nansai060929-3.jpg

確率は低いが奇跡を信じて、一戦一戦が、まるで高校野球のように、ドラマのように楽しめるのはいいぞ。これぞプロ野球だ。わくわく、おもしろいじゃないか。たとえ優勝かなわずとも、だ。今夜の一勝こそ大事なのだ。「日本一」が、なんぼのもんじゃい。

パリーグは、ロッテをふくめての4球団が団子レースでひしめきあって、盛り上がった。プロ野球はこうでなければ。来期をにらんでといいわけしつつの、気の抜けた消化試合などはもってのほかだ。

nansai060929-4.jpg

一抹の不安がないことはない。
ここぞのときの連敗だ。バントはしない、ヒットエンドランはかけない、自由に打て、のオカダ采配は、明快だが相手にすんなり読まれてしまったのではないか。
球界きっての野球理論家岡田監督は、優勝監督だけでなく、大打者としての申し分のない実績の裏打ちがある。スポーツ各紙は、神様のようにもちあげている。サッカーのジーコのように。
だからか、エリートでプライドが高すぎたからか、落とした試合を認めたくない。臨機に応変せねばならぬのに、急遽対策して繕うことが苦手だったのでは?
だから、ツメを隠している老獪なチームに、とことん裏をかかれて来た。情報戦に強い忍者軍団に弱かった。昨年の日本シリーズで、バレンタイン監督率いるロッテに4たてを食ったのがいい例だ。今年も、中日戦で信じられないほど負け続けたのは、落合ドラゴンズに徹底的にケツの穴の毛まで読まれたのではないか。

nansai060929-5.jpg

ならば、だ。めちゃくちゃ、いったれえ。なりふりかかわず勝てばよいのだ、というオカダの無手勝流は、タイガースにチカラがついてきているから、案外、通用するのだ。苦しいのは百も承知で、17連勝を狙っていこう。

投稿者 nansai : 2006年9月29日 14:26