縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2006年10月20日

十月二十日(金)

I have a dream!
ぼくのゴルフの成績はひどいものだが、ゴルフの絵のほうは、このところ我流ながら上達した。と思う。(かくべつ認めてくれた人はいないが、こういうのを自画自賛という。)

nasai061020-1.jpg

いい年をして、ぼくは、藍ちゃん、あの宮里選手のファンである。どうしたら、身長150センチちょっとの小さなからだで、あのように遠くに正確に飛ばせるのか。あやかりたいが不思議に思っていた。やはりきびしい練習のタマモノなのか。
ある日、本屋で、いい本をみつけた。タイトルが泣かせるではないか。
「小娘たちに飛距離で負けないための授業」というのだ。857円。
腰巻のコピーには、
「小娘たちに飛距離で置いていかれる情けないヤツになるな!物理の力で、宮里藍を抜け!」
と、やけにいきおいがよい。これは、ぼくのように情けないヤカラには効くかもしれない。
著者は、身長160センチでラクして飛ばす画期的方法論の持ち主と紹介されている。岩手大の教授で、物理を優しく教える専門家らしい。

nasai061020-2.jpg

表紙にカエルの漫画が描いてある。そのココロは、
「ゴルフのスイングは、カエル以上の頭脳を必要としない。(英国のゴルフスラングより)」。
ふうん。ぼくは寡聞にして、はじめてきいた。

ところが、薄っぺらな新書版だが、ひもといてみると、理論?に歯ごたえがあり、ぼく得意の飛ばし読みでは、目からうろこどころか、ほとんど理解不能だった。
マンガいりで解説してもらっても、ニガ手の物理は、さっぱりわからん。悲しいかな、ぼくの頭脳はカエルなみかもしれない。そのうち、ゆっくり再チャレンジしてみよう。

nasai061020-3.jpg

こんなぼくにも、夢がある。
夢といっても、身の丈サイズのつつましいものだ。
ぼくの入っているゴルフクラブで優勝したいだけである。それも下手ばかりのDクラスの月例競技でだ。そんなに、だいそれた願望ではないはずだ。

なにしろ、ぼくは、これ以上?もう下がないというハンディ40である。しかし、落ち込まずに、ものは考えようだ。ドンケツのこの位置は、優勝のための最優先席ではないか。ハンデはそのために定められている。
110を切れば、ひょっとしたら、可能性があるかも。
いつものように100ヤード以内で自滅せず、ふつうに回れば、楽勝のはずなのだ。

nasai061020-4.jpg

いつも120以上たたく、ということは、100ヤード以内のグリーン周りの事故が多発していることだ。
やっとたどりついたグリーンまで、あと100ヤード。
「よおし」というところで、なぜか、きまって、トップしたりダフったりする。ひどいときは、斜め右へシャンクだ。先日はライナーで友人を直撃しそうになった。すんませーん。
グリーン寸前でボールが力なくバンカーへよろよろと転がり込むことも、しばしばである。入れば、そこはアリ地獄である。たたけども出ない賽の河原だ。
ボールが刃先に当たると、ホームランでトンでもないところへ。

nasai061020-5.jpg

ある日の午後、近くのコンビに入ると、おでんの横の雑誌売り場に、もう答えがちゃんと売られていた。
「500円でゴルフがうまくなる」シリーズだ。
アプローチマニュアルなど、苦手のフェアウエイウッド、ドライバー対策本、テーマ別に、下手につけるクスリがいろいろ置いてあるではないか。
物理のリクツはわからんが、こちらはわかりやすい写真いりだ。もう飛距離で小娘に負けてもいいから、アプローチで、なんとか失点をふせぎたい。

nasai061020-6.jpg

ずいぶん願いが、現実的に、小さくちぢんできている。
練習はごめんこうむって、500円で、優勝なら安いものだ。
いよいよ、今週の日曜日が、競技の日だ。

投稿者 nansai : 2006年10月20日 12:59