縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2006年10月27日

十月二十七日(金)

笑うイノシシ。笑っている場合か?

nansai061027-1.jpg

北朝鮮の核の脅威は、ひとまずおいて、とりあえず、いざなぎ景気を超えたとか、天下は泰平である。
新年の干支のいのししにちなんで、年賀状の作り方が、テレビ、新聞をにぎわせ始めたようだ。

ぼくもこつこつ描きためたイノシシ諸氏像をマイドキュメントから一挙公開しよう。
例年出す当てもないのに、おびただしい数の、マウスで描く年賀状のアイデアを考えるのが、ぼくのひそかなたのしみである。ばかのひとつおぼえのペイントででのはしり描きだ。紙も絵筆も絵具も使わない。
ブタでもトりでも、描くお題はなんでもかまわない。独りよがりだが、上質の!?ユーモアがモットーである。
テーマは、「笑うイノシシ」とした。

nansai061027-2.jpg

怖い顔で通っているイノシシを嫣然と微笑ませると、どんな顔になるか。まずは、ビフォアとアフターで。

nansai061027-3.jpg

以下は、思いつきで、リカちゃん人形の着せ替え式に変化させてみよう。

nansai061027-4.jpg

nansai061027-5.jpg

nansai061027-6.jpg

nansai061027-7.jpg

こんな調子で、いちびればきりがない。いろいろ変化させて、ことしお世話になったご近所のお店にも敬意を表して。

nansai061027-8.jpg

きわめつけは、隣のイタメシ食堂のための極秘アイデアだ。お正月に、えとのイノシシのステーキを食おうというのだ。ま、牡丹鍋もいいが、年の初めに豪儀にトリノ風おせちステーキはどうだ、というわけ。    

nansai061027-9.jpg

いろいろあって苦虫をカミつぶしながら送る日々だが、ハッピーニューイアを願って、イノシシ君の笑顔に乾杯。は、どうかな?。


投稿者 nansai : 2006年10月27日 13:27