縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2006年11月27日

十一月二十七日(月)

家康をののしる会

大阪の不幸は、家康のせいや!「徳川家康をののしる会」というのがあるそうな。日経夕刊(十一月二十五日)によれば、東京コンプレックス丸出しの、このおもろい発想は、上方講談師たちから生まれた。

06112801.jpg

世の中の好ましからざる出来事の原因を徳川家康に求めて面白おかしく論じる座談会?が、二十年ぶりに復活するそうだ。
おもろいやないか。
なんでもかんでも、家康が悪い。まさに牽強付会だ。大阪にブルーのテントが多いのも、阪神が優勝逃したのも、強引に、みんな家康のせいにしてしまう話芸を上方講談師たちが競うのだという。
昭和五十年、三代目南陵が「大阪が東京に遅れをとっているのは、落城の悔しさが足らんからちゃうか」と言い出し、大阪城落城残念会」をひらいたのがきっかけらしい。
大阪には、しゃれ心と対江戸、東京の反骨精神があった。この二つをあわせたのが、この会だと、仕掛け人の旭堂南海はいう。

わからんでもない。金にあかせて常勝の巨人に歯がたたなかった時代の鬱屈した阪神ファン心理につながるものがある。
東京から見下ろされて、暴力、お笑い、コナもん、つまり、お好み焼きの町としか見えないのが、泣きっ面にハチの今の大阪だ。
日本を代表する大阪発祥の企業が、くしの歯を引くように、東京に移っていった。このままだと、天下の台所だった大阪は、何のとりえもない地方都市に落ちぶれてゆくのか。

06112802.jpg

このままでは滅び行くかもしれへん大阪のために、大阪城一帯ゾーンの観光資源としての活性化を何とかしなくてはいけないと、ぼくは考える。
権謀術策にたけた家康に堀を埋め立てられてあえなく落城した大阪城だ。完膚なきまでに破壊され、徳川によって再建されたが、火事で天守閣も焼け落ちてしまった。戦後建てられた天守閣は、姫路城などにくらべて、いかにも間に合わせで、品格に欠ける。そう思いませんか?
それに、急階段しかないせまい場所に小さな美術館をむりやり押し込んだから、見づらいし、豊富な史実を裏付ける資料が展示できない。大阪城は、ゴジラ映画のセットで踏み潰されるだけの役回りとなってしまったのだ。
大阪の財政は、貧乏のどん底にあえいでいるが、大阪城というかけがえのない歴史モニュメントを見直し再建できればと思う。

そういうわけで、上方講談師たちのトークショー「家康をののしる会」は、あきずに続けてほしい。(「ののしる」を、こてこての大阪弁では、どういえばよいかな?)

「大阪城を滅ぼした家康を見返すキャンペーン」は、ユーモラスに前向きに考えると、おもしろいのではないか。活性化のてことして、権現様を活用させてもらおうやないか。
大阪城落城の壮大なドラマは、その阿鼻叫喚のさまが大阪夏冬の陣の屏風絵に活写されている。国宝だか無形文化財の屏風絵に、兵士ひとりひとり、ぎっしり描きこまれた徳川豊臣両軍の合戦模様は、ハイビジョンで拡大してみると息を呑む。

この絵巻物のような光景を、京都の「時代祭り」をしのぐ一大パレードにしたら、どうだろう。
行列のコースを、型破りだが、東西の大川沿いにとろう。
京橋から八軒家遊歩道(京阪の中ノ島新線の地上にできるはず)を通って、市役所前から、東西に抜ける。御堂筋ではなく、東西を貫いて練り歩くのだ。
行列の主役は、淀殿、秀頼をはじめ、木村重成、後藤又兵衛、真田幸村など、いずれ劣らぬ、それこそ講談でおなじみのそうそうたるスターの顔ぶれだ。出自の不明な「御堂筋パレード」よりは、スジが通っていると思うが。

どうだろう。いいアイデアだ。パレードには、家康公にも加わっていただく。戦後も、じっさい数回行われたらしいが、京都の時代祭りと違って、盛り上がらずぽしゃってしまい、大金を投じてととのえられた具足甲冑などは行方不明という。もったいない。大阪らしいちゃらんぽらんのお粗末の顛末だ。

投稿者 nansai : 13:04

2006年11月22日

十一月二十二日(水)

教育とは、天職探し?
教育が、ひときわ、声高く論じられている。愛国心は、さておこう。
一生を通じてみれば、教育は、自分自身が、農夫のように、自らの経験という畑に知恵と知識の種をまき、育て、収穫することだと思う。

nansai061122.jpg

かえりみて学業に倦み怠惰であったぼくである。学歴が、なんぼのもんじゃとえらそうなことは、とてもよういわん。
だが、生きてゆくための学びは、自己責任だし、基本は、自学自習。ぼくの文章も絵も、どなたさまか、人様のみようみまねである。
あらゆる動物と同じく、子が生き抜けるように、親は、その手助けをし、親のルールで、幼いときにしつける。

学校教育は、その一環にすぎないと思う。
優れた指導者(もし、めぐり合えたらすばらしい)は、その種をまく心構えを教える人ではないか。社会に立ち向かう姿勢を教える人ではないか。
明治の元勲たちの学んだ松下村塾で、吉田松陰が門弟に教えた期間はわずか数年だった。革命期に、門人たちは、自分で自走して学んだのだ。「青年よ大志を抱け」のクラーク先生も札幌農学校で教鞭をとったのは、たった八ヶ月だったという。

nansai061124-1.jpg

問題は、受験という制度である。人の能力を査定するのに、中国の「科挙」の制度が、現代にそのまま生き残っている。いい知恵がないのだ。
633の三つの「ふるい」にかけて段階的に、学力の格差を査定する。最終学歴で、ということは、十八才で合格した学歴で、ひとの将来の人生の開発能力を便宜的に、判断し査定してしまう、世の風潮に乗じている。
今の教育は、とうとう有名大学を究極の目標とする受験対策技術に落ち着いてしまったのではないか。なかなか精緻な技術のようである。

これからのこどもたちの人生は、超多元多様多種競技のオリンピックである。ふつうの子には、ぼくがそうだったように、パラリンピックかもしれない。
そんな人生オリンピックで必要なのは、有名校を目指す受験対策技術の習得だけではないはずだ。
競技種目をもっと増やし、選択の幅をひろげることだ。多種多様な、若い人の生きる可能性を計る「ふるい」がたりない。ふるいの網の荒さが、かたよっている。いそいで「ふるい」の数を、もっともっと多種多様多段階に増やす必要がある。
有名大学を頂点とする受験科目の「履修」習得は、暗記力のすぐれた秀才にとっては、おそらく、へでもないだろう。全体の3%くらいだろうか。
大多数の普通の子には、生きてゆくのになんの役に立つか判然としない科目は、興味がわかないから、学習に負荷が懸り過ぎて、ちんぷんかんぷん、身が入らないのは当たり前だ。

いまの教育は、選別される技術の習得に過ぎない。
受験で人の能力を選別するが、それはなんのためか。一国をリードするエリートたちの選抜。それは、いいだろう。
その他大勢(ぼくがそうなのだが)にとっては、教育とは、なにか。
二十一世紀、このせちがらい競争社会にあって、教育とは、おのおのがなんとか自分の能力に応じて、社会で生きぬくための技術と知識を習得する可能性を発見し、はぐくむ場と機会でなければならない。
それに民主国を維持してゆくための市民。または有権者としてのモラルと常識も身につけてほしいものだ。
スポーツになぞらえれば、のぞましいのは、ゴールがあちこちに無数にある生き残り競技だ。参加できて、さまざまな表彰台に、自分が立てる。めいめいがそこそこの幸せの栄冠を自分にわたすオリンピックだ。自分ひとりしか参加しない競技もあるだろう。数多くの学び手がひしめき合うのだから、ある種のパラリンピックでもあるのだ。

能力格差は、あってあたりまえだ。
教育を、学力でなく、スポーツにたとえるとわかりやすい。競い合う運動能力の格差は、生まれながら歴然としている。
生来のDNAの差もある。幼いころからの特訓も誰もが宮里や松坂や高橋になれるわけでないのは、幼稚園段階で納得できる。受験で選別される学力競争も、全体の5%くらいの層は、だまっていても、ゆうゆう予選通過し勝ち抜けるだろう。

nansai061124-2.jpg

問題は、大多数の、普通の子だ。ぼくのように。
教育の最終目的を、いい大学に受かることと、親も教師も思いこむことが、もろもろのきしみとまさつをうんでいる。
このせちがらい21世紀の競争社会では、格差はますますはげしくなるだろう。
とすれば、教育の最終目的は、この格差社会に生き抜く手段、つまりそれぞれの能力に応じて、食べてゆける職業か技術に出会う手助けをすることではないだろうか。
単に食べてゆけるだけでなく、できれば、そのひとだからできる、満足できる仕事、職業につきたいものだ。それは、その人にとっての「天職」である。
教育とは、つまり「天職探し」ではないだろうか。
だれもが勝ち抜きたいと願う受験戦争と一線を画した、はみ出したところにも、天職に出会う機会がころがっているはずだ。そして、一生かかって、天職を探す人生もあるかもしれない。

わが国の教育制度も、おそまきながら、受験対策にそれすぎた方向から、もっと、多種多様多元のパラリンピック競技種目に対応できるよう軌道修正されてゆくのではないか。少子の時代、大学が経営不振に陥っている今が、改革のチャンスだ。

いじめこそ、教育のひずみときしみに起因していると思う。教育の仮目的と化した、ゆがんだ受験戦争の裾野が小学校までひろがり、ふつうの人生でさほど意味のないはずの学力格差で差別される。その反発からいじめと校内暴力が生まれた。幼い戦死者が出始めている。いたましいことである。

投稿者 nansai : 18:09

2006年11月17日

十一月十七日(金)

「ご迷惑かけてすみませんね」標識

このあたり、あちこちのマンションなどの工事現場で、「ご迷惑かけて、もうしわけありません」の標識が目に付く。作業員のおっさんが頭を下げている図だ。

テレビで昨今よく目にする企業のエラいサンやセンセイがたの「申し訳ありませんでした」のいっせいお辞儀と似たポーズだ。
でも、工事現場の場合、上からモノが降ってこないかぎり、まだ先走ってあやまらんでよろし。

nansai061117.jpg

このおっさんのお辞儀のポーズを描くのには、技術が必要だ。前かがみの姿勢を二次元で表現するのは、しろうとのぼくのように正規のデッサン教育をうけていないものには、至難のワザなのである。
試みてみたがうまく描けない。へたくそ。

世界の工事現場で、このような標識は、みかけることはない。おそらく日本独自のものだろう。将来、世界の美術館のコレクションの対象になるのではないか。そして、どんな目的でこのような標識が使用されたかが、論争のマトになるであろう。

投稿者 nansai : 15:53

2006年11月14日

十一月十四日(火)

オランウータンもすなる?お絵かき

nansai061114.jpg

名古屋市の東山動物園で、チンパンジーやオランウータン、ゴリラ、ボノボ計十六匹が描いた26枚の絵の展覧会が、開かれていたらしい。残念ながら、かれらの力作にお目にかかれなかったが、けさの朝日新聞の「天声人語」で、つぎのように紹介されていた。

子供のいたずらがきのようなものもあれば、巨匠の抽象画のようにみえないこともない作品もある。油絵や水彩、クレヨンなど、手法はさまざまだ。色も自分で選ぶ。大胆な線を得意とするものがいる一方、点描に執着するものもいる。担当者は「それぞれ個性があり、作風がある」と話す。大型の類人猿はだれでも絵を描くことができるそうだ。専門家によれば、人間の2歳児と同じぐらいのレベルらしい。

東山動物園では、飼育員が、オランウータンの出産後の気晴らしに手本を見せて教えた。いまではクレヨンと紙を与えたら、自分で手に取り自由に色とりどりの線を大胆に描くようになったという。癒し効果がありそうだ。
ちなみに冒頭の絵は、同じく霊長類の一員であるぼくが描いたものだ。画用紙も絵の具も使わず、くるくるこちょこちょマウスを動かした。おかげさんで文明の恩恵を受けている。

ぼくの経験からして、人間さまの情緒不安定とか、うつにも、お絵かきは効くのではないか。産後のオランウータンのように、何も考えずに描き散らしても、気が休まるところがある。何をしてもむなしいとき、暇つぶしと気晴らしになること、うけあいである。
ぼくの場合は、何を描こうかと考えるのも楽しいが、描き散らした絵の破片、かたちにしそこなった描きさしのようなものを、まったく脈絡なく、マイドキュメントとマイピクチュアに放り込んでおく。忘れたころに、ひょいと取り出して、この破片に手をいれてゆくのが、楽しい。植木の手入れみたいで、気持ちが休まるのがふしぎだ。

投稿者 nansai : 12:18

2006年11月10日

十一月十日(金)

nansai061110-1.jpg

アメリカの中間選挙を今回ほど身近に感じたことはなかった。イラクが、最大の争点だったからだ。
民意は、政府のイラクへの対応に対して、全米で、ノーと出たようだ。
ブッシュ政権が、上下議院で、民主党地すべり的な敗北を喫したあとの、対応がすばやいのに驚いた。
手のひらを返すように、すぐさま、腹心の国防相を更迭し、次期下院議長となる野党の女性議員と昼食の予定を取り付け、今後の議会との協調体制を話し合うというのだ。

選挙による民意の受け止め方が興味深い。長引く複雑な問題に対して、選挙による民主主義のひとつの解決策を垣間見た気がする。
選挙により、政策に、民意が多数決で反映される原則がある。それにより、政府方針の見直しが可能なフレキシブルな仕組みも大切であろう。

nansai061110-2.jpg

それよりもなによりも、アメリカでは、戦時下でも、戦争に反対する自由が、曲がりなりにも、保障されていると感じた。

戦時中の日本では、どうだったのだろう。半世紀以上前を思い起こしてみよう。
今とは制度が違うとしても、選挙で、つまり民意で、戦争をやめさせることができただろうか。三百万人が死なずにすんだのに。

国家が、愛国心、非国民などの思考停止用語と、治安維持法で、かりに厭戦気分があったとしても、民意を取り締まり圧殺してきた。民意も、大政を翼賛していたのだ。北朝鮮の現在とかわるところはなかった。
共産主義をおそれ、国体を護持するための皇国史観による教育は、当時のぼくらの全身にしみわたっていたからだ。
東洋平和のために、鬼畜米英と戦っている。戦争反対など、とんでもない考え方で、戦争末期には、一億総武装が閣議決定され、竹やり訓練が実施された。
最後は、一億玉砕してまで、「国体」を守れという政府方針を、新聞がつたえたが、国民は反対の声をあげることもなかった。国体を護持するために戦う軍隊は国民を守ろうとしなかった最近ようやく証言されるようになってきた。
しかし、もし、あのとき、戦争継続か否か、国民投票がおこなわれていたら、当時の雰囲気では、どうなっただろう。
焦土と化した本土には、女性にはまだ投票権がなかったし、老人の有権者の比率が高かったろうが、あのころのムードなら無記名の投票でも、本土決戦を支持し、戦争継続に一票を投じた国民が多かったのではなかろうか。
日露戦争の後の日比谷焼き討ち事件にみられた民衆の国家主義的な発想は、外界の豊富な情報をめぐって議論できる場がないと、ヘンな方向に向かうし、権力はそれにドライブをかけるだろう。
当時、中学生のぼくはもちろん選挙権はなかったが、戦況の実態も日本をめぐる世界の情勢について何も知らされていなかった。テレビはなかったし、新聞は大本営発表の事実無根の提灯記事をそのままのせた。

民主主義も自由も、きいたこともなく、きいても概念が理解できなかったろう。これも、北朝鮮の人々と同じ状況だ。
なにしろ、滅私奉公と教えられたのだ。己をむなしくして、国につくせ、ということだ。御民われ、大御心に帰一奉ることで、命を惜しんではならない。不惜身命とか、この手の四字熟語なら、少年のぼくは耳にたこができるほど聞かされ覚えていたものだ。
国民の情報判断レベルは、メディア状況が決定するが、常識というか教育の問題でもある。
世界史をふくめて、日本人の常識の「履修」はどうしたらよいのだろう。
選挙が国政にただしく機能するためには、棄権防止も大事だが、選挙民の判断力の「履修」が必須である。
政党が人気取りだけのためにたてた有名人候補を、なめたらあかんで、と拒否するのは、有権者ひとりひとりの常識という判断力だ。
高齢者時代の日本の選挙は、これからどうなるのだろう。無関心な若い者と、爺さん、ばあさん、それに無党派を自認する棄権者たち。

アメリカの中間選挙の結果をテレビで見て、六十年前の日本の悲惨な状況に思いが帰っていった。

投稿者 nansai : 13:20