縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2006年12月 8日

十二月八日(金)

猪歳年賀葉書鼠描絵展

nansai061208-1.jpg

年賀はがきの販売合戦は、いまやたけなわである。
ことしも、頼まれもしないのに、マウスを動かして、あれこれ年賀状のアイデアを考えている。
代わり映えのしないクリスマスカードと違って、年賀状の主人公は、干支がころころ毎年かわるところがおもしろい。
南斎も、はりきって、獰猛なイノシシと格闘することに。パソコン上では、おもしろおかしく、ひねりワザできめたいものである。

nansai061208-2.jpg

以前にもちらちら披露してきたが、思いついて、BLOG上に、弧展、というか、個展サイトをしつらえてみた。
で、テーマだ。マウスで描く年賀はがき絵展笑うイノシシとはどうだ!お立会い。ははははは。

nansai061208-3.jpg

年賀葉書の売れ行きは、心配だ。昨年40億8500枚。ことしは、37億9000万枚と控えめだ。年々、お手軽なメールに食われているのだろう。それに年末になると賀状欠礼の知らせが増える。

郵政公社のホームページも、一流どころのイラストレーターを動員しての年賀イラスト満載で、利用を呼びかけている。運よく当選すると、「わくわくハワイ旅行」だそうだ。
そんなわけで、へなへな骨抜きになりかけている郵政改革を支持しているぼくは、妖艶なフラダンサーを登場させて、年賀葉書をだすようにと応援するのだ。往年の「トリスを飲んで
HAWAIIに行こう」の向こうを張って。

だが、通常、この手の変化球でユーモアをねらうのは、じろっと見送られるのがオチなのは、わかっている。そこで、本邦隋一のフラッシュアートの使い手杉村名人に助太刀をお願いした。

このイノシシは、歯をむき出して笑うだけでなく、そう、動くのだ。新機軸だ。かわいいね。


投稿者 nansai : 2006年12月 8日 13:31