縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2006年12月26日

十二月二十六日(火)

ペイントで描いてよかった

最近はNHKの入門講座でも教えているが、ぼくは、初心者用のお絵かきソフト「ペイント」で描いている。デジタルで描いてありがたいところは、描きっぱなしの絵を本人が忘れていても律儀に覚えていてくれることだ。

nansai061226-1.jpg

パソコンの画面の中に描くから、大きくは描けない。(だから、すぐに完成?する)ぼくの絵の小さな破片は、マイピクチュアとマイドキュメントに、貝塚か産業廃棄物のように、散乱し集積している。確かに描いたような気がしても、記憶をたどって、さてと探すのはたいへんなのだ。
何年か前にふと描いた絵に、こんな風に、来年の干支のイノシシの親子を描きそえてみたら、おもしろいのができた。山すそにシルエットがみえませんか。

nansai061226-2.jpg

家内は、ぼくのおふざけタッチ(ユーモアなのだ!)があまり好きでないが、この絵をめでたく我が家の公式年賀状に採用してくれた。

アイデアとは、ありものの、なんということのない組み合わせだから、思いついてちょこちょこと、こんな楽しみ方ができる。入念な準備も後始末もいらないので助かっている。(保存は必要だが、キーを押すだけですむ)
イージー、安直、いちびり、即興、支離滅裂、思いつきは、馬鹿にしたものではないと思う。
いくつになっても、あわてものでおっちょこちょいで、せっかちで、すぐ飽きるぼくだ。「ペイント」という無料のお絵かきソフトとの出会いは、幸運だった。今年もお世話になりました。

投稿者 nansai : 2006年12月26日 12:50