縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2007年3月30日

三月三十日(金)

モノレール、ニュータウンへ

nansai070330-1.jpg

自宅の近くの空中を走るモノレールが、かなりべんりになった。
この月から、ニュータウン彩都の入り口まで延伸、千里中央駅へ直通となった。ありがたい。
町開きにあたり、おそらく採算を度外視して、運行本数を増やした。付近住民のぼくとしては、心苦しいが、赤字を積み重ねている公共工事の恩恵をこうむることになったのだ。
この線が存続するには、今後もくろみ通り沿線の人口はふえるだろうか。沿線住民は、これからはクルマをすてて、モノレールを、もっと利用せねば。が、そうはいかんわな。

nansai070330-2.jpg

今後、ニュータウンが、どう発展するか、わからない。いまのところ、電車はがらがらである。ほとんど無人の車内へ、「お年寄りや妊婦に席をお譲りください」とくりかえすアナウンス。枕が、あれば寝台車なのだが。
ゆっくり揺られながら考え事をするには、最適である。もうしわけない。

夜八時ごろのモノレール阪大病院前駅かいわいは、ひっそりして北欧の郊外駅のようだ。駅の構内では、駅員が一人だ。改札口で新聞も売ってくれる。

さて、少子高齢化のすすむ日本で、都市郊外は、これからどうなるのだろうか。
欧米先進高齢国の都市では、昼間は町に人があふれ、その半分は老人であるということだ。
高度成長前夜の千里ニュータウンの情景を思い出した。入居者が、みな若かった。もう、あのような時代はこないだろう。あのころの子供たちの笑い声は消え、高齢者の増えたオールドタウンでは、ぼつぼつ老朽マンションの建て替えがはじまっている。

nansai070330-3.jpg

怒涛の勢いで、東京への一極集中が加速し止らない。彩都に誘致していた武田薬品の研究所に袖にされ、あてにしていた大阪府の知事がたけり狂っていた。しかたないだろう。

先年なくなった経済学者ドラッカーは指摘する。
今日では、あらゆる先進国において、田舎の人口は5%を下まわり、さらに減少を続ける。
かれはいう。人は、コミュニティを必要とする。
「今日、われわれに残された課題は、都市社会にかつて一度も存在したことのないコミュニティを創造することである」と。そして、非営利かつ非政府である組織NPOだけが、その役を果たすだろうと。

いまは人気のない暗いモノレール駅のプラットホームに立って考えた。この彩都線の沿線に、新しい住民が集まってくるとして、将来、ここに望まれるコミュニティがうまれるだろうか。

役所も企業もだめ。非営利組織NPOだけが答えだと、ドラッカーは喝破しているのだが。

投稿者 nansai : 2007年3月30日 11:09