縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2007年4月25日

四月二十五日(水)

夕張市は、メロンでは食べられなかったのか

nansai070425-1.jpg

味とブランドで有名なメロンだけでは、食べて行けなかったのだろうか。夕張市は、多額の借金をして、メロン博物館など、遊園地からスキー場まで、約30の一連のハコモノを建て、観光客をひきつけようとした。
あげく、財政の破綻で、地方の縮図として、夕張市はさらしものになっている。
かつては地方再生のモデルケースの優等生だった。
多くの自治体が、夕張市を訪れ調査している。過疎の街づくりの模範として、数多く受賞しているのだ。
なんと経済同友会は「美しい都市づくり賞」(昭和63年)、自治省は「活力ある街づくり優良地方公共団体」(平成2年)、通商産業省は「ふるさと産業50選」(平成4年)などなど。

夕張だけでなく、活性化を願う地方自治体はみな程度の差はあるが、政府の音頭とりで、時代に流され、悪乗りさせられた。どだい無理な話の「列島改造論」が、もてはやされて、総括されていないままに。

あのころのアメリカからの内需拡大の大合唱、カネあまりの時代で、地方自治体は、こぞって政府保証つきの借金バスに乗り遅れまいとした。
景気対策のはずの公共工事が、くせものだった。
地域再生という実現不可能な国是まがいの空手形を信用して、投資ではなく、投機に手を出したのだ。
あらそって起債し、土地を買収し、道路をひき、ハコモノが全国津々浦々に建てられた。
目的として、どこでも、右へならえの「企業誘致、観光事業」のレッテルがはられ、選挙の公約にも掲げられた。

国は、景気対策として自治体に公共事業をうながした。
カネがなければ、借金返済の一部を地方交付税で負担するとした。自治体はわずかな負担で大規模事業が可能となり、競って会館やホールなどハコモノを建設した。ずさんな計画がペイするはずもなく、返済と維持費が自治体の財政を圧迫、地方の長期債務残高は200兆円を越える結末だ。

過疎に悩む地方の選挙は、集票マシーンとして土木建築系の地元資本が暗躍してきた。いまも、だろう。
選挙協力して当選のあかつきに、公共工事に参加できる。ばら撒きゼニで、地元もうるおう。

nansai070425-2.jpg

いわゆるコンクリートのりっぱなハコモノを建てるのは、かんたんだ。
しかし、このころ、全国で雨後のたけのこのごとく安易に企画されたテーマパークは、気息えんえん、苦しい運営をしいられている。
一目でわかる資料が、ネットで探せる
どの自治体も、あわよくば、ディズニーランドのようなテーマサイトを夢見て、過疎の地に、遠くから観光客を呼び寄せようとしたのだ。
この手の施設が生き延びる頼りは、地元のリピータというのが、至難の常識である。
甘い需要測定、いや作文で、かぎられた観光客を、あちこちの過疎の地域のあいだで奪い合おうというのだから、計画は最初から破綻していた。
だから、遊園地や博物館の持続的な運営は、その道のプロでも難しい。観光事業化は、地域の悲願ではあっても、誇大妄想にすぎない。

nansai070425-1.jpg

問題は、選挙だ。机上の地域活性化をうたいあげ、当選して、景気のよい公約どおり、ばら撒き行政のおこぼれにあずかり、政府の援助を見込んで起債してハコモノが建てられる。無責任な企画はどこかが持ち込んだのだろう。需要予測は甘いというよりでたらめである。役所にも議会にも、経営の眼を持った人材はいない。議会もぐるだから、あとの監視もない。
失敗しても国がなんとかしてくれるはずという神話。
これは、夕張だけの現象ではなかった。

nansai070425-3.jpg

「地方を切り捨てるな」というヒステリックな叫びはいまもきこえてくる。
でも、地域格差は、なくなるはずがない。少子高齢化は、地方の人口減少時代だ。
健康で文化的な最低の生活を欲するならば、ストローのように、都市部に住民は吸われてゆくだろう。冷厳な現実と向き合い、どう折り合うかだ。過疎地の起死回生の奇策は、ないと知れ。

あれもこれもは、むり。集中と選択しか、企業も国も生き残れない。企業は、バブルがはじけ、つぶれそうになって、身にしみた。
選択とは、限られた機会と資源を有効に使うことだ。維持できないものを、整理統合することだ。売り渡し、捨てることでもある。
それを、「切捨てだ!」と叫び、地域に票をねだるのは、選挙民にこびる言葉のトリックにすぎない。
人口は、先進国ではますます都会に集中する。これは、承服しがたくても、よくもわるくも、文明の必然、法則だ。
なのに、過疎の地方が、ばらばらに、競い合わされ、巨額の債務地獄という破綻の道へ、まっしぐらすすんでいった。政府も、田中角栄の列島改造論をひきずったまま、地方をミスリードしたのだ。

nansai070425-1.jpg

「地方を切り捨てるな」とあじって、とにかく目先の選挙に勝つ。それは国を危うくすることではないか。民主主義の算定のフレームがゆがんでいるように見える。日本は、農村を選挙の基盤とする候補者が、人口の比率よりも多い。地方を見据えて調整しつつも、将来の国益がはかられねばならぬ。地方出身の候補に、それは可能か。

選挙のつど、不要不急かもしれぬ「公共工事」という、地元への安易な公約のにんじんをぶら下げて、目先の得票を狙ったことも、長い眼で見れば、地方自治のパワーを削いできたのではないか。

夕張は、メロンで成功してきた。だが、観光目当ての博物館は、よけいだった。
夕張市を他山の石として、地方は、生き残るための、「身の丈」の経営を、必死に考えねばなるまい。

投稿者 nansai : 2007年4月25日 10:34