縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2007年5月 7日

五月五日(土)

こどもの日

トラ、7連敗。泣いている場合か?

nansai070507-1.jpg

プライドだけ高い監督の打つ手のはずれる采配の問題もあろうが、連敗の主な原因は、主力選手の年齢だろう。どんな名選手も、歳には勝てない。筋肉とカンが急激におとろえてくる。
おそれていたチームの勤続疲労が、意外に早く夏までもたず、ゴールデンウイークに、はやくも顕在化したのだ。
いたましいエキスポランドのコースターの車軸破断を思い出してしまう。
で、こういう世代交代の時期を、果断に、どう乗り切るか。あわててもしかたがないか。
右翼手の林、捕手の狩野が、頭角をあらわしたが、二軍に、そのほかの注目選手はいないか。
ドラフトでは、いい選手は、くじでしか当たらない。
外部からの補充は?緊急輸入は?
もともと阪神の戦力の中核は、元広島の打線、元日本ハムのエース、元中日の控え捕手などで構成されている。鳥谷のように純粋に阪神育ちは、案外少ないのだ。
大リーグをみても、ヤンキースもあのざまだ。どの球団も、眼の色変えて、人獲り、戦力補充ゲームだ。日本のプロ球団は、牧場になってしまった。
トラキチも、嘆いている場合ではない。

投稿者 nansai : 2007年5月 7日 13:29