縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2007年6月22日

六月二十二日(金)

さいきん動物園にいきましたか 


nansai070622-1.jpg


先日、動物園の飼育係だった若い女性に紹介された。もちろん彼女はウサギではない。おさないころからの動物園好きがこうじて、専門の学校を出て、動物園の飼育係になったそうだ。
いまは、元飼育係の立場から、自分で本を書いたり講演したりして、たくさんのひとに動物園の楽しさを知ってもらおうとPRしている。

時代におくれまいと、動物園も、ずいぶん改革されたらしい。
白熊とかパンダとか花形の動物以外に、つきあうとおもしろい動物がたくさんいて、みていてあきない。めいめいにファンがついているそうだ。
アリクイにアリのかわりに、何を食べさせているか、あとずさりするヤブ犬、(ブッシュドッグといってジョークにもなっている)とか、面白い話をどっさり聞いた。
ぼくは、動物園にはごぶさたしているが、テレビの動物番組はごひいきである。動物ドキュメンタリーは録画している。話をきいて、動物の飼育のご苦労と達成感がよく理解できた。

ただ、ぼくは、さいきん動物園にいったことがないから、絵にしょうがない。資料を頼りに、食欲旺盛なアリクイのお食事風景にでたらめにトライしてみた。

nansai070622-2.jpg

この絵は、オオアリクイが、アリのご馳走を一匹ずつねばねばした、長い長い舌で、すばやく吸い取って食べているところ。(まわりにみせると、力作なのに、なんの絵だかよくわからん、というブーイング)
もちろん、動物園では、アリ塚はないからアリを大量に集めるなど、こんなおもてなしはできない。さて、実際のえさは、どうしているか。
くわしくは、彼女の本にのべてある。
仲尾有加「動物園で楽しいひとときを 元・飼育係が語る、とっておきエピソード」新風舎刊。
本屋に並んでいなければ、アマゾンで買える。

その本は、まず、あなたは、最近、動物園にいきましたかと、きいてくる。そういえば、まったくご無沙汰の大人は多いことだろう。
いろんな人がさまざまな動機で動物園を訪れてたのしんでいるようだ。
お弁当を持って動物たちに会いにゆこう。
隣のイタ飯食堂「マリアン」で、お話とサイン会(コーヒーとクッキーつき)どうかな。



投稿者 nansai : 2007年6月22日 11:54