縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2007年6月28日

六月二十八日(木)

まぜて、ばれないブレンド食品

nansai070628-1.jpg

高温の油でこんがり揚げられたら、コロッケの中身の肉は、外見では、わからない。あつあつで、おいしそうだったら、食べてみても、ぼくなら味の差はわからないのだろう。

nansai070628-2.jpg

ブタやニワトリを牛と偽っても、ひき肉にすれば、わからないという、苫小牧の食肉加工卸「ミートホープ」社の牛肉偽装事件。はたして前代未聞なのか、この業界ではごくあたりまえのことなのか。
社長は、たたき上げの商売人で、アイデアマン。賞状までもらっている。ひき肉の「匠」的存在だ。

nansai070628-3.jpg

棄てるのは、もったいない。リサイクルだ。と、思ったのかどうか、20年前からいろいろ創意工夫して、コストダウンのために、トリであれカモであれ、ありとあらゆる種類の安い肉を、工夫してまぜたらしい。混ぜると、うまくなるとも。
でも、ラベルを偽造して、騙したらいかんなあ。そして、大もうけして一族で系列レストランを経営するなど企業は栄えた。
この一年だけでも、368トンのひき肉が出荷されたというから、コロッケはいったい何億個?出回ったのだろう。

nansai070628-4.jpg

田中社長のうそぶくとおり、かなしいかな、消費者は、値段にはこだわるが、品質の見分けがつかない。くやしいね。
だから、20年以上も、ばれなかった。ラベルに表記された内容をうのみにするしかなかったのだ。

nansai070628-5.jpg

天網恢恢、疎にして洩らさず。といいたいが、結局、内部告発でしか、味の差(あったとしてだが)や賞味期限切れは見抜かれなかった。
だが、どうせばれないと「牛肉」と、大きくあつかましく表示したのが、うんのつきで、JAS違反どころか、詐欺罪にとわれるだろう。このような角をはやしたブタはいないからなあ。

nansai070628-6.jpg

生協もスーパーもレストランも、専門家がいるだろうに、見抜けない。ほんとだろうか。業界では、当たり前で、農水省などお役所も、消費者よりも業界よりではなかったのだろうか。

ぼくは、食品業界には暗いが、もともと、食品加工とは原料をまぜることだろう。
ブレンド、ミックスされた食品がどんなに多いことか。まぜて、付加価値をつけるか、格安品をつくるかだ。
ウイスキー、ワイン、米、お茶、コーヒー。発泡酒。みなまぜて、等級の差をつけている。

nansai070628-7.jpg

しかつめらしい顔をして、テスターとか ブレンダーが、味の差をチェックする。しろうとでは、とても感知できない感性の世界なのだろう。いうほどの差はあるのだろうか。
発泡酒も、まぜられたら、どんな組成かよくわからん。目下、大宣伝中の「ビール」?と思ったら、「お酒」としっかり記載されていた。ますます、「名が体を表さない」時代である。
この豊かな時代に、日本の食の宝庫である北海道での食品加工会社が、内容を偽って、ラベルに不正に記載した。
北海道ときくだけで、新鮮なイメージだ。くいだおれの大阪のデパートでも、北海道展は押すな押すな。うまくて安いコロッケは、目玉だったのではないだろうか。

このところ、企業は、西部劇でいえば、無法地帯にいる。保安官がいない、いや、法律がない。
法の網をかいくぐるか、法の網が追いついてきていないかである。
経営者の平身低頭のお詫びシーン、新聞の社会面の小さい字で組まれたお詫びとリコール広告は、日常化した。
古めかしいが、社是、社訓、経営理念、商道徳、良心のかけら、必要なのかなあ。

投稿者 nansai : 2007年6月28日 11:37