縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2007年8月28日

八月二十八日(火)

ぼくの絵のこと 自画弁護

nansai070828-1.jpg

さしてパソコンに強くないぼくだが、こうしてデジタルの恩恵をうけて、絵(のようなもの)を描いている。
ぼくの絵は、いわゆるコンピューターアートとはほど遠い。縁もゆかりもない、といってよい。
MSペイントという無料の初心者向きソフトを使って、マウスを机の上を滑らせて、おもいつくまま、描いている。
ぼくにとっては、画筆やエンピツにあたるのが、たまたまマウスなのだ。
机の上でマウスを滑らせるのに必要なスペースは、ハガキサイズ半分ていどである。猫ならぬねずみのヒタイか。だから、省スペース。画用紙も絵の具も使わないから、省資源。体力を消耗せず、くたびれないから、C02も排出しない。

nansai070828-2.jpg

いってみれば、ぼくの絵は、デジタルの「お皿」にのっているが、職人がひとつひとつ手でにぎる「スシ」のようなものだ。アナログそのものなのである。
もちろん、せせこましいスクリーンとマウスの制約があるから、油絵のような大きな構図、こみいった描きこみは、できない。「小さなぬり絵」といったところか。
ケッサクができた!と、喜び勇んで紙にプリントする気になったとたんにコストが発生する。プリンターのインクと紙代だ。ばかにならない。これをどう収めるか。

nansai070828-3.jpg

デジタルであろうがアナログであろうが、要するに、内容、中身だ、アイデアだ、自画自賛でいいじゃないの。と、ぼくも居直ってうそぶくのである。
なまじ画廊で個展など開いて、人さまにめいわくをかけては、いけないと思っている。
親しい人は、災難だがいいとしよう。余技でご愛嬌というところがある。知らせを受け取って、思案した挙句、義理で顔を見せてくれる人には、申し訳ない。
その点で、ウェブはいい。見るのがいやなら、画面をきりかえればすむことだ。

nansai070828-4.jpg

プロを目指す若い人も、こんな風に、画をMSペイントとマウスで描こうとするあほな人はいない。幼児にしても、あたえられた三輪車のようなものだから、すぐにあきて卒業してしまう。
やはり高齢者向きかなあ。
三輪車の最高齢レーサーがぼくだろう。レースといっても参加者がいないのだが。

手軽にふとした思い付きを、ちょっと手をかけて、かたちにして残せるのがいい。すぐ忘れてしまうのだが。

nansai070828-5.jpg

出だしのパソコンとマウスの絵は、描きたてほやほやだが、そのほかは、何年か前に描いてわすれていたのを、ひさしぶりにマイピクチュアから引っ張りあげて並べてみた。個展といえなくもないか。

投稿者 nansai : 2007年8月28日 15:07