縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2007年10月12日

十月十二日(金)

歴史の教科書で学んでほしいことは、なにか

nansai071012-1.jpg

半世紀も前、太平洋戦争の末期に、沖縄でなにが起きたか。あと数ヶ月で、日本が連合軍に無条件降伏する土壇場だった。
本土にいるぼくたちは、あまりにも知らなさ過ぎたし、知ろうとしなかった。グーグルかヤフーに、「沖縄戦」と入れて検索してみよう。

昭和二十年、太平洋戦争末期の沖縄戦は、55万人のアメリカ軍(上陸部隊18万人)と12万人の日本軍が戦い、民間人を巻き込んだ日本側の死者は、三ヶ月で20万人を越えた。
悲惨にも、海に囲まれて逃げ場のない非戦闘員15万人が死亡した。
ほとんどが米軍の熾烈な砲撃爆撃による犠牲者だが、ところによっては、洞窟に逃げ込んだ住民が集団自決に追いやられた。
女子供老人、非戦闘員も、軍民一体で戦い、生きて捕虜になることを恐れたからだ。

ことしになって、この集団自決に、軍の命令はなかったとして、教科書の記述が削除された。それをめぐって、沖縄県民が抗議の声をあげている。

この91式手榴弾は、7,8秒で爆発する。死を選ぼうとした住民たちは、車座になって、手榴弾を爆発させたと伝えられる。

nansai071012-2.jpg

当時、手榴弾の材料の金属が不足していて、丹波などの窯元で製造された陶器製も使用され、不発事故も多かったという。
手榴弾が入手できない場合、やむなく、最愛の家族同士が、カマや棒で殺しあう悲劇も。地獄としかいいようがない。

nansai071012-3.jpg

沖縄の場合、集団自決した人々は、十万人の尊い犠牲者のうちの一部である。それなのにである。
日本軍が命令で関与したかどうか、世界でもまれな集団自決を教科書にどのようにとりあげるか。問題は、歴史認識から外れて政治問題になってしまった。反日、売国奴、自虐史観と、相手を呪う言葉が飛び交う。
地元住民のデモの数におびえて教科書を書き直してもよいのかという大新聞の意見も出てくる。
高名なノーベル賞作家が裁判で争い、大新聞どうしが口汚くののしりあうといった有様である。

そんな教科書の記述をめぐる争いよりも、大事なことがある。
昭和二十年、沖縄でなにが起きたか、史実を集めて歴史に残し、戦争を知らないひとたちの胸にしっかり刻むことが大切だと思う。
そして、なぜと問いたい。それが歴史認識だろう。

沖縄でどうしてこのような戦いが起きたか、なぜあれだけ多くの住民が戦いに巻き込まれてなくなったのか、後世の人が考える史実をできるだけ忠実に伝えるべきだろう。
あわせて、昭和のはじめからの太平洋戦争にいたるまでのいきさつを伝えねばならない。なぜ300万人の日本人が命を落としたのか。なぜ。
そして、日本軍が戦争に巻き込んで、なくなったアジアの人たちの犠牲を、どう受け止めるか。

nansai071012-4.jpg

沖縄戦に限らず、戦争は、殺戮以外のなにものでもない。ウイキペディアで、殺戮の歴史をみてみよう。

たいていの兵士は、徴兵される前は、ふつうの農民や市民だ。
戦場は、かれら、ごく普通の人間を、殺戮に駆り立てる。かれらを突き動かす動機は、なにか。
刷り込まれた大義だけでなく、恐怖、報復、疑心暗鬼など、異常な心理状況による。
命令のあるなしにかかわらず、軍隊が、兵士が、狂うときは、敵の戦闘員と一般民衆が見分けがつかぬ極限状況においてである。市街戦、ゲリラ戦は、大量殺戮につながりやすい。
勝った側は、戦闘を終結させるために、殲滅をはかる。圧倒的な武力で優位に立ち制圧できるとき、無抵抗の相手が、特に民衆が殲滅の犠牲となる。殲滅、掃蕩は命令によることが多いのだ。
NHKのドキュメンタリー兵士の証言をみても、命令だからしかたなかったと兵士たちはいう。ある元兵士は平然と、ある元兵士は涙を浮かべて。

どのような大義をかかげようとも、どの時代の、どの国の軍隊も、例外ではないと歴史は教えている。
この史実を、戦争を知らないひとたちに伝えたい。
戦争とはなにか。おぞましい戦場の極限状況を知らないひとたちに学習してほしい。
歴史だけが、教えてくれる。

NHKの2005年制作のドキュメンタリー「沖縄よみがえる戦場」は、みておくべきだろう。いま深夜に再放送されている「証言記録・兵士たちの戦争」は、アジア太平洋戦争で、わが皇軍がいかに戦ったか、ぼくたち銃後の国民がしらなかった史実を教えてくれる。
このドキュメンタリー・シリーズは、戦争を知らない政治家たちに、「ご議論」の前に戦争の現実を学習できる機会を与えてくれるだろう。若い世代には、丸暗記のための教科書よりも、この日米双方の映像資料による証言をみてほしい。
修羅場を経験してかろうじて生き残った証人たちは、戦後60年たち、押し黙ったまま、次々に世を去っている。何が起きたかを思い出し語るのは、あまりにつらいから。

集団自決に軍のかかわりはなかったとして、教科書記述を改訂しようとした勢力は、いったいだれなのか。
安倍内閣時代の文部科学省の動きは、見過ごせないと思う。

戦争末期、日本は国全体がおおきな感情に突き動かされていた。国を守るということは、一億玉砕してまでも国体を護持することで、沖縄の住民を守るということは、軍の戦略としては考慮外だった。
毎日新聞那覇支局の三森輝久氏は、「記者の目」欄にこう書いている。
「沖縄戦は、本土防衛の時間稼ぎのため日本軍が展開した「出血持久戦」だ。軍民混在の状況下で組織的抵抗が三ヶ月続いた。この過程で、日本軍が住民を壕から追い出したり、食料を奪うなどの虐待が各地で起こった。スパイ視の挙句に殺害した例もある。県民の犠牲者数は、いまも不明で、9万から16万人まで見方がわかれる。」

自分を、天皇陛下の「醜の御楯」と思え。大君の辺にこそ死なめ、省みはせじ。今の人たちには信じがたいことだが。ぼくらは、こう教わった。

中学二年生のぼくらは、もう本土決戦のための海岸陣地構築に動員されていたが、遠く海をへだてた沖縄戦の悲惨な戦況は、まったく知らされていなかった。

沖縄戦に勝利して、アメリカ軍は、Operation Downfallを発動する計画だった。十一月一日のXデーまでは、7発の原子爆弾を投下し、九州に35万の米軍が上陸の手はずになっていた。

かれらの見積もりによれば、日本制圧には、米軍170万から400万人の死傷者(戦死者40万人から80万人)が予想された。
対する日本側の損害は、本土防衛に大規模な市民が動員されると仮定して、500万人から1000万人であった。
過去のノルマンディーや硫黄島、沖縄戦から類推して計算された数字であろう。(戦時庁スティムソンのスタッフ、ウイリアム・ショックリーに。ウイキペディアから)
中学二年生のぼくは、沖縄戦と同時期に本土で陣地構築に動員されていた。
沖縄に向かって出航した戦艦大和が沈没したことも、連合艦隊が壊滅したことも、まったく何も知らなかった。このオリンピック作戦の全貌?も寡聞にして、ネット上で、60年後に初めて知ったのである。

投稿者 nansai : 2007年10月12日 16:40