縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2007年10月24日

十月二十四日(水)

偽装の赤福もちに「もったいない」の
いいわけは、もったいない?

大阪では、粟おこしなど往年の地元名産の影が薄くなった。かわって、伊勢名物のはずの赤福が、大阪駅で一番売れている大阪土産ときいた。たいしたものだ。
全国区に雑誌広告を出して、創業300年の赤福は順風満帆に見えた。

nansai071024-1rev.jpg

あんやもちのようにいたみやすい商品を、工程の技術革新で、添加物がなく新鮮なまま、消費者にとどけている、というふれこみだったからだ。
ところが違った。
「生ものですからお早めにお召し上がり下さい」とは書いてあるが、手練手管のかぎりをつくして消費期限を偽るだけでなく、売れ残りの回収製品も冷凍し、消費期限をつけなおし再出荷していたという。
チェックの目は節穴か。行政も見抜けなかった食品衛生法とJAS法違反だ。
「客を欺く精神が許せない」と社説に掲げたのは、産経。「老舗よ、お前もか」(朝日)ほか、大新聞も非難ごうごうの弾幕を張っている。

追い詰められた社長は、「もったいない」という気持ちが社員にあったのだろう、と弁明した。自分は知らなかったが、と歯切れは悪かったが。

nansai-akahukumochi071025.jpg

だが、「もったいない」は、世界で認知された日本人の美徳とされている。
食べ残しなど食品の無駄は目に余る。コストダウンは、製造現場の正義であり、目標である。世は、リサイクル、再利用、資源の有効活用を叫ばれている。売れ残ったあんともちを「分別回収」して、何が悪い。食中毒になった客がいるかと、居直りたいところだろうが、うそはいけない。きれいごとをいって消費者をだましたことになると、とっちめられている。

テレビニュースを見ていたら、伊勢参りのお客はのんきなもので、赤福の店頭で、せっかくたのまれて買いにきたのに残念だと、にこにこ。閉まった店の前で、みな並んで記念写真を撮っている。お客さんはありがたいものだ。

nansai-akahukumochi071025.jpg

食糧危機かもしれぬ21世紀、「もったいない精神」は大事だ。
こぼした飯つぶをひろって食わされたぼくらからみて、コンビニなどの食品の大量廃棄も、これからはいかがなものか。衛生面にシビアな配慮が必要だが。

ぼくは、このけしからん赤福のためのアイデアを思いついた。一発逆転は、むりかもしれないが。

nansai071024-2.jpg

お取り込みの最中に大きなお世話であるが、おわびのしるしに、つぎのような新?製品発売のごあいさつはどうか。
「長年の、そして今回の経験と冷凍再生技術を生かして、あんともちのリサイクル製品の開発に成功しました。味は変わりません。」
再生商品名は「白福」はどうだろう。
「もったいない」の気持ちは、たいせつに。
「従業員向けの社内販売価格で。よろしければ」として、老人ホームなどでお茶請けに、無料でくばって、罪滅ぼし。いいんじゃないの。

投稿者 nansai : 2007年10月24日 15:25