縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2007年11月 8日

十一月八日(木)

我輩は、脚である。ちゃぶ台の。
--小沢党首辞任騒動をめぐって--

nansai071108-1.jpg

我輩は、ちゃぶ台の、一本の脚である。
どういうわけか、我輩のほうが、ほかの脚よりも、はるかに太い。
ちゃぶ台とは、懐かしい昭和時代、たたみのうえに座って食事したころの折りたたみ食卓。いまは、ふつうの家庭からは消えたが、向田邦子のホームドラマに出てくるやつだ。
頑固親父が、家父長の威厳を保つために怒鳴りながらひっくり返すシーンが、向田ドラマによく出てきた。)
諸般の事情で、我がちゃぶ台は、いろんな板のはりあわせでできている。決して一枚板ではない。
とりあえず、くぎでいいかげんにとめてあるだけだ。

ある日、念願の大きな宴会を開きたいと思った。後押してくれる人もいた。
我輩は考えた。そのためには、からだを寄せて、もっと大きなちゃぶ台といっしょにならねばならない。あわよくば、釘で打ちつけて強引にひとつのちゃぶ台に合体できるかもしれない。

ところが、意外にも、ほかの脚たちが反対するのだ。
親のこころ、子知らずではないか。燕雀なんぞ大鵬のこころざしを知らんやだ。許せん。
一番太い足の我輩は、思わずかっとなって、ちゃぶ台をひっくりかえそうとした。年甲斐もなく。

nansai071108-2.jpg

もよもと、ちゃぶ台同士の組み合わせ、寄り合わせるのは、我輩の得意だ。いろいろなちゃぶ台を、過去何回も寄せ集めた。
でも、しばらくたつと、なにもかも気に入らなくなって、ひっくりかえした。漱石の「坊ちゃん」だな。
ひっくり返すと、ちゃぶ台は、ばらばらになる。我輩は、それを、何回もくりかえした。

今回も、ひっくりかえしかけた。が、いつになく必死にほかの足たちがとめるので、大人気ないと反省して、思いとどまったしだい。さて。
(ちなみに、このように、どんでん返す行為を、いまも、マンガやドラマでは、「ちゃぶ台返し」というそうな。)

投稿者 nansai : 2007年11月 8日 15:22