縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2007年11月12日

十一月十二日(月)

「暴走老人!」という本が出たぞ。

nansai071112-1.jpg

なぬ、「暴走老人!」とはおだやかでない。
が、省みて心当たりがないわけでもない。
書名の「老人」に!がつけられている。かなりの悪意がみてとれるな。
藤原知美の同名の著書で一躍流行語になりそうな気配。こんな本のバカ売れもいやだなと、抵抗がなくもなかったが、NHK「週刊ブックレビュー」で著者の藤原知美氏の弁をきいて、さっそくではなく、まあ、そのうちに、読んでみようという気にはなった。

「あんた、失礼じゃないか!」
こんな風に、すぐに切れて激高する「新」老人がふえたと、芥川賞作家はクールに指摘しているらしい。

老人も、人口がふえて、多様化してきたと思う。
分別あってしかるべき老人たちがときに不可解な行動で周囲と摩擦を起こす。あるいは暴力的な行動に走る。こうした高齢者を、著者は、ひとまず「新老人」と呼ぶ。

評判の本とあって、テレビとネットでかなり引用解説しているので、読まなくても「新老人」の一員として、著者の切り口は理解できる。

文芸春秋のネットをあけてみると、「書誌ファイル」にこうある。
家族問題を長年テーマにしてきた作家が、「暴走する「新老人」たちの孤独にメスをいれ、品格なき日本人のいまを鮮烈に描き出します。」
最後のおすすめのひとことが痛烈だ。よくいってくれるよ。

「あなたの隣の困った年寄りたちの生態を明らかにする新感覚ノンフィクション・エッセイの誕生です。」

nansai071112-2.jpg

「だれにむかって、ものを言うちょるんじゃ!」
などと激高すると、術中にはまり生態解剖されてしまいそうだ。一冊買って読まんわけにはいかなくなった。

ここに描いた老人は、オリジナル作だ。
「夕日の詩」の西岸良平描くところの昭和三十年代の理想?のお年寄りに、「暴走老人!」に取り上げられた平成のキレれた新老人を重ね合わせてみた。ま、昔ながらのただの老人に見えるのだが。

投稿者 nansai : 2007年11月12日 12:01