縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2007年11月13日

十一月十三日(火)

ポピーデー

071114add.jpg

英国では、女王も首相も閣僚も、その日は赤いひなげしの造花を胸につけている。
十一月十一日が「ポピーデー」だ。正式には、リメンバランス デーと呼ばれ、英連邦諸国では、国を挙げて戦没者を追悼する日という。二つの世界大戦とそのほかの紛争で亡くなったすべての男女を偲ぶ特別の日と定められている。

国中のみなが、午前十一時に、二分間の黙祷。つづいて、各地で在郷軍人が行進する。ホワイトホールの戦没者記念碑には王室のメンバーと、政治家が集まり献花する。
十一日に近い日曜日は、追悼サンデーと呼ばれて、教会で儀式があげられ、各地の記念碑に花輪が捧げられる。二分間の黙祷につづき、ラッパが吹かれ、ビニヨンの詩「斃れし者に」が朗読される。
もし十一日がウイークデーに当たっても、学校、職場、ショッピングセンターで、万難を排して、「二分間サイレンス」はおこなわれる。

1918年のこの日は、第一次世界大戦の終戦の日だ。その年の十一月十一日午前十一時、西部戦線の砲火がやんだ。数百万人が死傷した4年以上の悲惨な戦闘のはてに。

nansai071113-2.jpg

午前十一時きっかりに「二分間サイレンス。」が始った。
電車はエンジンを止め、車も息をひそめる。帽子を取る人もいる。頭をたれる人も。あちこちで、年老いた元軍人が、気をつけの姿勢をとる。おばあさんが涙を拭いている。みなが静かに立ち尽くしている。
以上は、1919年のロンドンの街角での初めての「二分間サイレンス」の模様を、当時の新聞が伝えた記事からだ。

赤いひなげしの花が、百年も前からの、国に命を捧げた戦没者に、厳粛に思いをいたすシンボルになっている。赤いおしゃれな紙の造花が町で売られており、在郷軍人の支援にあてられているらしい。

なぜポピーなのか。その由来も語り継がれている。
激しい砲撃で西部戦線の激戦地フランダースの地面が掘り返され、地中に眠っていたポピーがいっせいに花開き、一面の花畑になったといわれる。「フランダースの野原にて」という、戦死したカナダの軍医の作った詩が、いまに詠みつがれている。

nansai071113-2.jpg

NHKの海外ニュースでみて、BBCネットを掘り返してみた。
BBCの第二次世界大戦アーカイブは、戦後60年を記念して、将来に向かって永久保存を願い昨年改訂された。
このサイトにはおびただしい死者の情報(15000枚の写真、47000の取材)が記録され、いまもなおサーチボックスが設置され情報提供が求められているのだ。NHKにもぜひ見習ってほしい。祀るのではなく、忘れないという気持ちがたいせつではないか。
国のため命を捧げた死者たちに、あなたがたを決していつまでも、決して忘れない、という思いは同じだが、追悼のしかたは、国や宗教によって当然違うわけだ。だが、戦後、半世紀をすぎ、わが国の行き詰った靖国論争も、はやく前向きに、解消せねばなるまいと思った。

nansai071113-2.jpg

BBCの戦没者を弔うためにしつらえられた幾多のアーカイブを見て考えた。
デジタル時代の死者を追悼する記念碑は、石にきざむのではなく、記録のために必要な無限の空間と時間の待つネットに、アーカイブすべきだろうと。

国費により、NHK制作で、デジタル戦争博物館を建立するとよい。戦争により非業の死を遂げた三百万人の死者を弔い、正しい歴史観を後世に伝えるための史料をそこに蓄積編集すべきだろう。
国立デジタル戦没者記念戦争史料館。
21世紀に立ち上げるべき公共事業の「ハコモノ」こそ、戦没者を弔うための墓地ではなく後世に伝える情報デジタルアーキテクチュアではないか。ここは、NHKにおさめたぼくらの聴取料もフルに活用してほしいのだが。

戦没者を慰めるのに、英国のポピーのような花のシンボルがほしいと思うが、「菊」の御紋章は、思いが重過ぎると感じるのはぼくだけだろうか。

ガーディアン紙の報じるところでは、今回、イラクやアフガニスタンで傷ついた兵士たちのロンドン戦没者記念碑でのパレード参加が許可されなかった。激しい非難の声があがっているという。国は、戦争の悲惨さを国民に見せたくないのだ。

nansai071113-1.jpg

投稿者 nansai : 2007年11月13日 16:50