縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2007年11月21日

お年始の贈り物に、ネズミはいかが?

十一月十七日(土)

nansai071121-1.jpg

ことしの年末は、日本中の郵便ポストに数億匹のネズミの大群がいっせいに飛び込むにちがいない。干支のネズミは年賀状の主役だからだ。
「年賀状は贈り物だと思う。」と、日本郵政の広告はいう。40億枚年賀はがきを売りきりたいらしい。
コピーの意図はよくわからんが、その年賀状に、干支に選ばれたとはいえ、ねずみは、騒がしく清潔とはいえない。アイデアとしても、姑息かつ陳腐である。
いかがなものか。さて。

nansai071121-2rev.jpg

と、いちゃもんはつけたものの、ほかに策がないし、干支のネズミをアイデアで料理するのは例年おもしろい仕事なのだ。

ネズミの絵は、雪舟からウオルトディズニーにいたるまで、古来、名作が多い。ミッキーマウス、メイジー、レミーと、漫画、絵本、映画の愛らしい大スターぞろいだ。
ミッキーマウスは、きょう七十九歳のサイン誕生日を迎えた。老いてますます矍鑠たるミッキー爺さんに負けず、いちびって、迷作にいざ挑戦といこう。

nansai071121-3.jpg

ぼくのような年になると、年賀状を出す先がだんだんほそってくるのはしかたがないことだ。

nansai071121-4.jpg

手はじめに、まず四つんばいのネズミをむりやり直立二足歩行させる。正月のめでたい行事に参加させたり、人間さまのするスポーツのポーズをとらせたり。
ときどき、ネズミに見えず、キツネやイヌやクマに見えたりする。

nansai071121-5.jpg

nansai071121-6.jpg

nansai071121-7.jpg

nansai071121-8.jpg

書初め、たこあげ、ゴルフ、サーフインとかボクシングとか、運動させてちょこまか動かす場合と、じっと静止させる場合といろいろである。
なにしろ思いついて突如パソコンに向かいマウスを動かすので、ネズミのタッチは、気分により、ばらばらである。

としのせいにはしたくないが、われながらいいアイデアが浮かんでも、シャボン玉みたいにはじけて消えてしまう。それもご愛嬌。思い出せなくても、また思いつけばいいやとあきらめる。
しばらくすると、なんのことはない、とっくの昔、マイピクチュアにしまいこんでいたのを忘れていた、ということがままある。パソコンは、老人の記憶ロボットだ。アーカイブの無限のしまいこむ能力を利用せねば。

干支の場合、さるや馬などほかの動物を擬人化したときのを、そのまんまいただいて、首をすげかえる。
人間の動きに見立てているから、これはうまくゆく。
絵を描くとき、ネットは、覚えていないこと、知らないことを教えてくれる。昔の赤い郵便ポストのかたちもスノーボードのからだのひねりも、みなグーグルの「イメージ」を参照すれば教えてくれるのだ。


これは、お世話になっているお隣のイタリア料理店のための年賀ポスター案である。たのまれたわけではないが、アーカイブから引っ張り出して、2008年改定バージョンに。とりあえず大阪でミシュランひとつ星をねらうべく頂点を目指す祈りをこめておいた。
主人シェフは、どうも白い歯をむきだした熊の顔が気に入らぬようだったが。
なぜ、スノーボードか。じつは、愛媛県の高校生がスノーボードでオリンピックを目指すニュースをみたばかりだった。世界に通じる実力の持ち主なのだ。


下らぬアイデアには、きりがない。ことしは、ちょっと、新機軸を思いついた。
月探査機「かぐや」からハイビジョンで撮った38万キロさきの地球。この美しい映像を使わせてもらおう。
来年の年賀状には、おそらく定番の初日の出をしのいで、初地球の出(舌をかみそうだ)の写真があしらわれることだろう。
この息をのむ映像にそえるには、「謹賀新年」では味気ない。賀正いがいに、いろいろありそうだ。

真っ暗な宇宙にぽつんと浮かぶ孤独な地球の姿。
おーい、まだ水はあるのか。緑は茂っているのか。

こんなのはどうだろう?ディズニーにとっちめられるかな。地球ネズミ?

nansai071121-10.jpg

投稿者 nansai : 2007年11月21日 12:17