縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2007年11月27日

歳末、猫のお絵描き棚おろし

十一月二十七日(火)

nansai071127-1.jpg

年末をむかえ、ただよってくるインフレの異臭で、世の中キナくさくなった。オイルショック、はたまたサブプライムのバブル破裂と、あぶくゼニが世界じゅうを回りまわって悪い兆しが、あちこちに露呈だ。
ぼんやりと年賀状の干支の絵でねずみをもてあそんでいると、ちょっとあきてきて、むしょうに相棒の猫の絵を描きたくなった。猫の写真は、デジカメの普及で、いま、大ブームだ。
猫のお絵描きはどうか。種類がいろいろで、三毛や縞や、柄も複雑
なので、しろうとが描こうとすると意外に難しい。大画家の晩年の作品に名作が見受けられる。では、猫の絵は、このネット上にどのくらい存在するのだろう。

nansai071127-2.jpg

気になって、グーグルで調べてみた。猫とイラストレーションといれて、検索。おるわ、おるわ、世界中でその数なんと、今日現在で三千四百八十万匹だ。(検索ロボットが探すのだから、かなりあやふやではあるが)ぼくも、仲間に入れてもらおうと、もう数匹の仲間を投入することに。
せっかくだから、昔描いたネコも呼び出そう。過去、描き指しがアーカイブに眠っているのを、ひっぱりあげて、いまいちど手をいれてみた。例によって、絵のタッチは、シリメツレツというか、そのときの気分しだいで、ばらばらである。

nansai071127-3.jpg

ぼくは、マウスを使って絵のようなものを描くが、それには、ぼくの手に負えるテーマとモデルが必要である。猫は、格好の目標だ。
上等な猫は飼ったことがない。わが家には、三歳の元野良猫(メス)がいる。なんら特徴のない平凡なキジ猫である。こいつの動きを観察する。朝な夕なながめているとデッサンに自信のないぼくも、いつのまにか彼女の伸びをするかたちが取れるようになった。かな?
でも、ねこは、むつかしい。新聞や雑誌、グーグルイメージなど、人の撮った写真を見て描くのが、らくでおもしろい。70歳を越えて絵を描き始めたモーゼスおばさんも、広告写真などを見てヒントにしていたらしいというから。

nansai071127-4.jpg

nansai071127-5.jpg

猫の種類は多すぎて、とてもおぼえきれない。うちにいるモデルはただのキジねこである。いつも食卓のうえにすわっているから、こんな見返り美人のポーズも拝見できる。

nansai071127-6.jpg

愛すべきネコの写真は、テレビ、新聞、雑誌に氾濫している。
写真の動かないポーズを描くのは、やさしいようで骨がおれる。
マウスで一所懸命スケッチしても、ちゃんと似せて描くのはむつかしい。似ても似つかぬというな。デッサンがくるってゆがんでいるからこそ、期せずして、適当にいい味が出せているんじゃ、というのが、ぼくの言い分。それはどうかな?

nansai071127-7.jpg




nansai071127-8.jpg

めすネコはすぐおかあさんになって子を産む。かわいがるなら、産ませないように。つぎつぎに生まれる子ねこがかわいそうだから。

nansai071127-9.jpg

nansai071127-10.jpg

動物を人間に見立てて、二足歩行させるのは、かんたんだ。
これは、元来猫背のネコに背筋を伸ばしてもらって、一流モデルを気取らせた。

nansai071127-11.jpg

八軒家南斎のこのような閉鎖的BLOGは、個人の文箱やノートみたいなもので、ただ、ふたがない、かぎがかけてない。
思いつきの走り描きだが、こうして陳列してみると、画廊の世話にならない個展のようなものだ。集客の必要もない。誰の迷惑にもならないのが気に入っている。
なかには、へえ、これ、自分で描いたの?というような発見もあっておかしい。ころっとわすれている。猫がねこじゃらしにじゃれるように描くときは興奮しているが、すぐにあきてしまったのだ。

nansai071127-12.jpg

面白いことに、思いつきはすぐ忘れるが、面白い。この黒頭巾をかぶったねこは、「ニャンじゃ」と名づけた。ねずみ小僧とからめて、物語がでっちあげられそうだ。テレビをみていたら、おとなのアメリカ人にも、忍者が人気で黒装束ですぐまねをするのが面白かった。

準備の要らない安直なお絵かきは、画用紙も絵筆のいらないペイントをつかえばよい。絵の具がいらないから、いくらでも色が使える。描きなおしは、自由だ。くたびれるまで、あきてしまうまで。

nansai071127-14.jpg

投稿者 nansai : 2007年11月27日 12:08