縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2007年12月11日

記念日だらけなのに、きょうが、ふつうの日でいいのか。

十二月八日
66年前の今日、何が始まったか。気にも留めない日本人のほうがおそらく多いだろう。政府も、日本の新聞もテレビも、あえて触れるのをはばかる不気味な沈黙の記念日なのである。声を潜める申し合わせでもあるのだろうか。あれほどのことが起きた、きょうはまさに、その日なのに。
66年前のきょう(日本時間午前3時)日本海軍機動部隊は、ハワイのアメリカ太平洋艦隊を奇襲した。

nansai071211-1.jpg

「臨時ニュースを申し上げます。
大本営陸海軍部、12月8日午前6時発表。
帝国陸海軍は今8日未明西太平洋においてアメリカ、イギリス軍と戦闘状態に入れり。」
ダイホンエイハッピョウ、しぼりだすように読み上げられたアナウンスが、太平洋戦争の勃発を知らせた。
どの家にもラジオがある時代ではなかった。小学校4年生のぼくは学校で講堂に集められ校長先生からきかされた。

日本側からすれば、狂喜乱舞の大戦果だった。
無線を封鎖し隠密裏にハワイに接近した六隻の空母から第一波180機、第二波160機の雷撃機、急降下爆撃機が飛び立ち、オアフ島の米艦隊の基地を襲った。ハワイ時間で午前7時49分。いつもの静かな日曜日の朝だった。
攻撃が始まって90分で2386名が戦死。(うち55名は一般市民)1139名が負傷した。戦死者の半数は、戦艦アリゾナの爆発による1177名。戦艦アリゾナ、オクラホマを始め、艦船18隻が沈没、うち軍艦は5隻だった。

大戦果に日本国民は酔いしれたが、アメリカは卑劣なだまし討ちだとして激怒した。ルーズベルト大統領は、翌日の演説で、この日は「ザデイ オブ インファミイ」、汚名のうちに生きる日だとして怒りをあらわにした。緒戦の先制もむなしく、直ちに開戦を決意したアメリカの巨大な軍事力に、たちまち制海権、制空権を奪われた日本は、この攻撃のわずか4年後、壊滅した。
日本は国土が灰燼に帰し300万人の死者を出したあげく、すべての海外資産を失い無条件降伏した。当時の指導者は、どういう見通しで、この無謀な戦争を始めたのか。いまだにその責任は問われていない。
66年前、たしかに、この日、歴史は大きく動いたのである。

アメリカでは、大統領が、この日、「パールハーバーデー」に国旗の半旗掲揚を各省庁に指示した。
全米各地の新聞のネット上では、生存者の談話が紹介されている。各地でささやかであっても追悼行事がおこなわれていることがわかる。真珠湾攻撃で2390名の命が失われ、なお1000名以上の遺体が海底の泥でさび付いた戦艦アリゾナの艦内に閉じ込められていると報じている。
戦艦は、現在も湾底に沈んでいる。その上を海面にまたぐようにして、アリゾナメモリアルが建つ。いまは国立公園施設である。だいぶ傷んできたので「パールハーバーミュージアム」の資金集めがすすんでいるという。

nansai071211-2.jpg

毎年十二月七日には、メモリアルビジターセンターで追悼式典がおこなわれる。今年も年々減るなかで5名の生存者が参加した。みな90歳前後だ。「グレートゼネレーション」とたたえられている。かれらは、ボランティアとして、メモリアルを訪れる観光客と交流し、いっしょに写真にはいり、サインをして愛想をふりまいている。「戦争へ!日本軍オアフ島を爆撃」の見出しの躍る当時の新聞の復刻版にサインしている。日本の高校生がおじぎして、千羽鶴を手渡す風景がCNNで紹介され、ほっとする。

ことし、戦艦オクラホマの戦死者追悼碑が建てられた。死傷者の多かったアリゾナの影に隠れで忘れられていたのだ。
オクラホマは攻撃で転覆し429名が艦内に閉じ込められた。救助されたのは30名。艦はその後スクラップにされ曳航中に沈没した。
120万ドルをかけた顕彰碑の前に、攻撃を受けた7時55分に200人が集まって、黙祷に始って式典がおこなわれた。429名の名は黒い大理石と429本の柱に刻まれている。
ヘリコプターの編隊が頭上を舞い、ステルス爆撃機が従い、歓声が沸いた。生存者は、高齢でもう集まれないだろう。
まだ身元不明の遺体640名はパンチボウル墓地に埋葬されているという。
死者の栄誉は、デジタルのサイトでひとりひとり記憶されるようになるのではないか。

十二月八日の朝日新聞大阪版は、一面トップに、「太平洋戦争開戦66年」とし、「戻らぬ遺骨115万の遺骨」をのせた。十二月八日に触れた唯一の記事だった。
66年前のこの日何が始ったのか。黙っていることは許されない。

投稿者 nansai : 2007年12月11日 16:56