縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2007年12月20日

ナンボのもんじゃ?「ドーダ!理論」とは。

十二月二十日(木)

071220-01.jpg

話題の「ドーダ理論」が、文春文庫「もっとコロッケな日本語を」に収録されている。この深遠な理論が、「ドーダの人々」三篇にわたって問題提起され、たったの476円である。日本の文庫本水準もたいしたものだ。
提唱者は、「ドーダ学の祖」東海林さだお氏。

nansai071220-2-1.jpg

「ドーダ!」は、自慢話だ。
人は、みな、ドーダ、このようにオレ(ワタシ)はえらいんだぞ、ドーダ、といっているわけだ。
といってしまえば、ミもフタもないが、なにげない自慢話の奥底には、人間の深層心理がひそんでいる。

銀座の高級クラブから国立競技場まで、さまざまな場で、人の自慢する姿を漫画家の目でじっと観察して得られたスルドい仮説は、5年前に「オール読物」に連載され、いま洛陽の紙価を高めつつあるのだ。
この理論に共鳴した鹿島茂氏が「ドーダの近代史」(朝日新聞社刊)をあらわし、ドーダ史観で、幕末から明治までの司馬遼太郎のテリトリーをなで斬りにした。

nansai071220-2-2.jpg

同書をNHKの書評で松岡正剛氏が推薦するにいたって、元祖「ドーダ理論」の正当性はゆるがぬものとなった。

071220-02.jpg

人間はなぜドーダするか。
ドーダ行為から人間の営みをみると、何でも切れるハサミのように、「文学から革命行動まで、人間のすべての活動を解明できる」と鹿島氏はいう。人間行動の森羅万象なんにでもあてはまること、かのウエゲナーの「大陸移動説」に匹敵するんじゃなかろうか。

071220-03.jpg

鹿島教授は、つぎのようにドーダを定義して、
「自己愛に源を発するすべての表現行動である」                                 と喝破した。いわれれば、そのとおり。八軒家描くところの、この手のけちなブログなど典型なドーダ行為なのだ。

071220-04.jpg

ドーダの祖述者鹿島教授はこう説明する。
ドーダ学というのは、人間の会話やしぐさ、衣服や持ち物など、ようするに人間のおこなうコミュニケーションのほとんどは、「ドーダ、おれ(わたし)はすごいだろう。ドーダ、まいったか?」という自慢や自己愛の表現であるという観点に立ち、ここから社会のあらゆる事象を分析してゆこうとする学問である。

「ドーダ理論は世界最強のグランドセオリーだ!」教授は、ドーダをみごとに発展拡大解釈し、精緻に理論を再構築し、「抱腹絶倒」な近代通史を試みた。ドーダの魂がつきもののように乗り移り、このよく切れるはさみで、水戸学から始めて高杉晋作も西郷隆盛も、一刀両断で説明できるという。

071220-05.jpg

「ドーダは、自慢である。
人に誇りうるものである。
と同時に、人にうらやまれるものである。
ドーダは本質的に、誇る、うらやむの相関関係がなければならない。
たいしたものだと思われねばならない。」(東海林さだお「ドーダの人々」)
で、いろんなタイプのドーダ現象が、東海林氏とその一派によって、観測されている。優位性誇示型ドーダが一般的だ。忙し自慢、教養ドーダ、ブランドドーダ、学歴ドーダ。まだある。有名人にあやかったドーダ。謙虚ドーダ、同県人ドーダなどなど。あげればきりがないだろう。

071220-06.jpg

ユング心理学の言う「投影」ではないか。との説をなす人も現れた、と「ドーダの人々」にある。
自分の内部にあるコンプレックスを認知することを避け、それを外部の何かに投影し、外的なものとして認知しようとするものと解釈されるそうな。ふうん。「投影」ねえ。よくわからんが、ますます奥深そうだ。

ドーダ光線で世の中を見渡すとなんでも説明できるから、あんまりキマジメに「ドーダ理論」をドーダするのも、自分で自分をCTスキャンするようで、おもはゆいところがある。そこがおかしい。愉快だ。

銀座の高級バーは、「ドーダの館」らしい。ぼくはぼくなりに、東京はニューヨークやパリなみの「ドーダ都市」ではないかと思う。
現在のわが大阪は、今回の市長選挙の結果を見ても、ドーダ力が低いように思われる。

071220-07.jpg

「ドーダ!」のから振りが、もうしんどい。
大阪は、数々の手痛い挫折を引きずって、負け犬伝統の「それが、なんぼのもんや」の視点に安住している感じだ。吉本とタイガースだけのの「ドーダ力」は、さて。
かつては、大阪こそ、ドーダの本場だったのだが。「ドーダ都市」大阪の復活を祈るや切。

投稿者 nansai : 2007年12月20日 14:23