縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2008年1月17日

一月吉日

どうにも不安な先行き暗い新年だが、あけまして「どーだ」という初夢。のような妄想を、マウスを操って、披露しよう。

それは、日本で一番高い塔を、万博公園エキスポランドに、おったてるのだ。場所は大阪平野のどまんなかである。
08011701.jpg

これといってランドマークのない大阪に、アジアはおろか世界から観光客を誘引する展望タワーだ。22世紀まで、百年以上長持ちして、いうならば、パリのエッフェル塔と張り合おうというわけだ。

初夢にしては、なんとなくしけたスケッチではあるが、気宇壮大なつもりだ。ぼくの通勤ルートは、緑あふれる万博公園を見下ろし走るモノレール。がらがらの車内で太陽の塔と死んだようなエキスポランドをながめつつ思いついた。

この塔からは、ほら、眼下に、太陽の塔や万博の森や広場、千里団地が小さく見える。晴れた日は、360度ビューだ。大阪平野一円、大阪湾、淡路島も望めるのだ。
あたらしい東京タワーがなんぼのもんじゃい、という元気でユニークなデザインを、ひろく世界の建築家からコンペで募りたい。
08011702.jpg

伊丹空港からモノレールで、新幹線は新大阪駅、地下鉄は千里中央駅と交通至便である。
ここ万博公園の立地は、大阪とは思えないほど、ひろびろとゆとりもあり最高である。遊園地エキスポランドは、例の大事故の後、しゅんとして休園して経営が危ぶまれる状態だし、万博公園は、正式には「日本万国博覧会記念機構」といい、れっきとした独立行政法人として存在意義がチェックされている。ここでカツを入れる必要がある。

塔の基礎部分は、地下を掘って、デジタル歴史ミュージアムとする。
日本の歴史をデジタル技術の粋を尽くして、世界の観光客にみせたい。万博公園にある国立民族博覧会の優れた展示ノーハウを生かしたデジタル分館にすればよい。
ミュージアム会場内は、パナソニックとシャープの協賛を得て、最新の大型デジタルスクリーンを林のごとく並べて世界をあっといわせるバーチャル展示を試みたい。大阪湾は、21世紀、日本の誇るデジタルベイである。
08011703.jpg

また、万国博覧会に象徴される波乱の昭和を記念して、300万人の太平洋戦争戦没者を弔う小さい仏像を、基礎部分におさめてはどうか。
塔の名は公募するとして、昭和記念タワー、万博タワー、アジアタワーなど。

年明けるや、世界経済は低迷し、財政の重荷にあえぐ大阪も暗雲たちこめる日々ではあるが、この夢を今度当選される新しい大阪府知事にプレゼントしたい。

とまあ、景気よく、いいたい放題の構想、妄想ではある。ひとりよがりの、ぼく的!にいうならば、「独楽の塔」なのだ。コマは英語でTOP、つまりトップオブザワールドタワーとは「どーだ」のおそまつ。
誇大もよしとしようや、酔余の初妄想は、楽しい。

投稿者 nansai : 2008年1月17日 13:09