縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2008年2月 1日

首長を選ぶ選挙は、たいへんなのだ。

二月五日火曜日、スーパー・チューズデー。いよいよアメリカの大統領選挙は、両党候補者もしぼりこまれ前半の山場を迎える。

nansai080201-1.jpg

一人の候補者を大統領に選ぶのに総額で5000億円のカネが乱れ飛ぶといわれる。
長丁場のすさまじい選挙戦に勝ち抜くには、候補者の体力と根性とカネだ。終盤には、テレビ宣伝の投入量で差がでてくるという。
相手を中傷するテレビのコマーシャルに制限はないそうだ。カネが続く限り、ボクシングのように打たれたら、すぐやり返す。えげつない。

民主主義の総本山、4年に一度のこの国の選挙方式が、はたして正しい効率的なやりかたなのか。建国の父が作ったシステムだそうだが、21世紀のわが国にふさわしいお手本なのだろうか、わからない。

アメリカの大統領選挙では、民主、共和両党ともに、指名争いで、キャンデダシー、候補者の資格をめぐってまるで格闘技のようなつかみあいの激しい言い争いになる。民主党のオバマ対ヒラリー、旦那のクリントン元大統領も加わっての場外乱闘的舌戦が、見ものだ。
いまは、ユーチューブで、やりあいのスピーチがネット上にくりかえし見ることができる。スポーツの実況のようだ。

nansai080201-2.jpg

お互い自分こそは「ふさわしい」と主張する。
一様に、「変革」が必要だ、とCHANGEを叫ぶ。
そして、要は、大統領の任に堪えるだけの経験があるか、準備は万全かなど、誹謗中傷を交えて、同じ党内で言い争うのだ。相手候補はふさわしくないと、面と向かって攻撃する。
だから問題点は、浮き彫りになる。

選挙はビジネスであり、ぬかりなくプロの戦略コンサルタントが仕切る。選挙対策本部は、戦略を立て、カネ集めのシステム作りに躍起だ。
各候補のウェブサイトは、充実している。サイトに訪れた読み手を説得し巻き込もうとしている。
政見だけでなく、寄付を募り、集会への参加を呼びかけ、ボランティアとして力を貸してくれるように訴えているのだ。

結局は、集金力だと専門家はいう。
カネさえ用意できれば、あの凡庸なジョージブッシュが選ばれてしまうのが、アメリカの民主主義の苦い現実なのだ。
さて、今回は?世界が注目している。盛り上がりは、すごいようだ。

nansai080201-3.jpg

候補者の適性をあげつらわねばならぬのは、大阪府知事選もおなじだった。日米の選挙事情は、もちろん、比べようはない。
だが立候補のいきさつからみて、府知事戦は、いかにもにわか仕立てで準備不足の楽屋がまるみえだった。かねて議論を重ね周到に検討されたグランドデザインを用意したわけでもなかった。次点に終わった大学教授は、40日では何もできなかったと述べている。
大阪府知事選挙は、知名度の争いとなり、弁護士でテレビタレントの橋下氏が圧勝した。

大差をつけ獲得した百八十万票をどうみるか。関西では、やはり「お笑い百万票」か、と東京のマスコミからは揶揄されているのだが。

nansai080201-4.jpg

大阪府の有権者は700万人いるらしいが、候補者選びは、カタログなしで商品を注文するようなもので、有権者としては、商品の中身がよくわからないから、選ぶのはむつかしく、おっくうになる。

府は、5兆円の累積赤字をかかえている。
府は、800万人の乗客を乗せて、海面すれすれを低空飛行中のウルトラ巨大エアバスなのだ。力つきれば夕張市と同じ財政再建団体に転落する。
当選すれば、府知事は、その超巨大ジャンボジェットを、機長として操縦することになる。設計ミスと積年の整備不備で、おんぼろエンジンは不調である。徐々に高度は下がってきた。乗客800万人を満載して、無事つつがなく航行できるのか。

結局選ぶものさしとしては、事前にどれだけ顔が売れていたか、テレビに出ていたかになる。知名度、好感度だけが、選ぶ材料のすべてになる。
首長にふさわしいかどうか、わからない。おそらく本人にも。
市も府も、ふりかえれば、民間企業の再建なら、経営能力の期待できない人材が過去選ばれてしまったのだ。その結果が、現在のおびただしい赤字と遺跡のような役立たずハコモノである。ただしい政策をとれなかった議員を選出した府民、市民の責任であろう。

ぼくは、橋下知事の若さだけでなく、かれの卓越した学習能力に期待している。
これからでも遅くない。腕利きのブレーン集団を率いてほしい。再建には、府の経営を診断し治療する「外科医」のスタッフが必要だろう。宮崎県東国丸知事よりも、元三重県知事の北川路線を打ち出してほしいと願うのだが。

夕張、大鰐、大阪。各地自治体の破綻は、公共事業の利用客の現実離れした需要予測にあったのはあきらかだ。
ニュータウンもオリンピック誘致も地下駐車場も空港もリゾートホテルも整備新幹線も公民館も博物館も遊園地も道路も橋もトンネルも、需要予測の甘いでっちあげで、死屍累々の赤字の惨状を招いたのだ。議会は、チェック能力を欠いた。
それを見抜くデジタルのチェックシステムがあれば、橋下知事はそれを駆使してもらいたい。
スーパーコンピューター?に、政策の実現可能性の選択肢を正しく入力し、議会はそれにもとずいて討議して決めればよい仕組みはできないものだろうか。
要するに、税金のもっとも得な使い方を長期シミュレーションし、「神託」ならぬ客観的な予測をコンピューターにまかせられないものか。

地元大阪の選挙事前報道よりも、海外の田舎の選挙の手に汗握る状況が、テレビ、インターネットで時々刻々リアルタイムで伝えられる。ユーチューブでみれば、候補者は目の前だ。
どのような形の選挙が望ましいか。
スケールは、あまりに違いすぎるが参考にはなる。

投稿者 nansai : 2008年2月 1日 15:00