縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2008年2月 7日

喫茶店のカレーのにおい

喫茶店でカレーなどの強い食べ物のにおいが漂うのは困ったものだ。芳醇なコーヒーの香りがだいなしだ。気になりませんか。
といってぼくが特別コーヒーの香りの差に敏感なわけでもないが、食べ物やソースのにおいが、どうしても狭い店内では勝ってしまうのだ。

nansai080206-1.jpg

「ついに、スターバックスが再びコーヒーらしい香りを取り戻すことになった。」とニューヨークタイムズの電子版にのっていた。
トップの鶴の一声で、朝食に温かいサンドイッチを出していたのをやめることにしたそうだ。つまり、コーヒーのアロマを、温かいサンドイッチのにおいがじゃまするのに、シュルツ社長が気づいたらしい。やっぱりコーヒー専門店の売りは香りやで、と原点に帰ったのだろう。

飛ぶ鳥を落とす勢いだったスターバックスも、競争の激しい米国内ではかげりをみせ、不振の100店舗を閉めるそうだ。マクドナルドやダンキンドーナッツが、味のいいコーヒー部門に進出してきたからだ。

nansai080206-2.jpg

昭和も遠くなった。味にこだわる頑固な店主のネルで濾して淹れる濃い苦いコーヒーが、かつては、大阪名物だったが、代も変わり、そんな喫茶店は少なくなった。
店主の人柄にひかれて、雨の日も常連が集まってくる暖かい店は生き延びているようだ。イタリヤのバールのように、顔なじみが、ゆっくりだべりながら、粘れる店がほしい。
建築家の安藤さんによれば、大阪の男どもは散歩をしない。だから、町がさびれるのだという自説だ。一理ある。
そういえば、市役所の近くで花火でも上げると、人出が急に増える。大阪人は、イベントに餓えているのか。

nansai080206-3.jpg

この春、いよいよ京阪電車の新線の上を利用して、
大川端の八軒家着場跡にも遊歩道ができるらしい。
ここからみる中之島の風景は、絵葉書のパリに似ているといわれる。川風に吹かれぶらぶら歩いて疲れたら、憩える止まり木のようなオープンカフェはできたらいいなあ。回転寿司にもきてほしいが。

大阪は家賃が高いと、よく耳にする。
家賃を料金に織り込むと、若い人を吸い寄せる小さな店やレッスン場の経営が、成り立たないそうだ。
あちこちで、いまビルとビルのすき間に、中小のビルがにょきにょき建ちかけている。思い思いにばらばらで、町なみとか店なみ?は、気にしていないようだ。先行き景気の見通しは暗澹としている。人が吸い寄せられるアイデアは大丈夫かな。
家賃が高いと、きれいなビルが建っても町はまちがいなくさびれる。バブル前、銀行の店舗で埋め尽くされた御堂筋の寂れようを思い出す。伝統に根ざさない「御堂筋パレード」では、活性化はどうにもならない。

投稿者 nansai : 2008年2月 7日 17:56