縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2008年2月12日

建国記念の日は、かつての「紀元節」だった

太平洋戦争前の今日は、紀元節だった。小学生のぼくは、登校して、天皇皇后の御真影のまえで、
「雲に聳える高千穂の」
と声を張り上げて紀元節の歌を歌った。
で、きょうは、高千穂の峰に天孫ニニギノミコト(ワードでは漢字変換できない)が降り立ったとされる日だと思っていた。天照大神の命により、日本つまりトヨアシハラチイホアキミズホノ国を治めよ、サキクマセ!

nansai080212-1.jpg

きっと栄えるよ、といわれるままに、天孫が降り立ったと教わった。
いま、悪名高い高級官僚の「天下り」は、これに由来する。
ところが、紀元節の唱歌には三番あって、中心場面は宮崎県ではなく、奈良県の橿原で、神武天皇の即位がテーマだそうな。神話と歴史の区別なんかわかるわけもなく、一番だけで早とちりして、小学生のぼくには紀元節の主役がこんぐらがっていたのだ。でも、「くーもにそびゆるたかちほのー」だもんな。
昭和十五年は、国を挙げて、紀元節を祝った。どういう計算かわからないが、紀元は二千六百年。節目の年というわけだ。
当時は、あの太平洋戦争の一年前で、その後の運命を知る由もない国民は、国威発揚で盛り上がっていた。
金鵄輝く日本の、栄えある光身に受けて奉祝歌が大ヒット?して歌われ、おおさわぎだった。二十一世紀のいま、ネットでも、初音ミクが歌ってくれる

nansai080212-2.jpg

「八紘一宇の塔」が、戦後万博の「太陽の塔」のように時代のシンボルだった。塔は、東国原知事のお膝元宮崎にある。

少年のぼくには、悔しい思い出がある。
当時の少年倶楽部の付録に、八紘一宇の塔の紙製組み立て模型が付録についた。ぼくの家では、雑誌や本は、外地から親が送ってくれることになっていた。広告で見た付録を楽しみにしていたら、付録だけ、父親が自転車から落としてしまったという。70年たったいまも、残念である。

この日、朝日新聞に、「無宗教の国に多くの支持者」と題して、東京大学宗教学の島園進教授の国家神道についてのタイムリーな論文がのった。
「明治23年に教育勅語が下された。明治天皇が教育の根本を精神について国民に授けた聖なる教えだ。この後、小学校は、天皇の聖なる教えに導かれる場となった。それから敗戦までの数十年の間に多くの日本人が神道的な拝礼に親しんだ。伊勢神宮や明治神宮に詣で、天皇のご真影と教育勅語に頭をたれた。これが国家神道だ。」
思えば、幼かったぼくにとって、学校は、国家神道の「教会」だった。講堂に祭壇がもうけられていた。イコンは普段は奉安殿に保管されていた。先生たちは、みな国粋主義の「宣教師」だった。
昭和二十年までは、ばくぜんとだが、神州不滅だと信じていた。国家神道の導くところ、敗戦寸前まで、国体護持、一億玉砕にまでゆくのだが、竹槍を持って聖戦に殉じようとした当時の庶民にとっては、それは昭和天皇への個人崇拝とどう違うのか。アラブの大義とか北朝鮮の首領様信仰とどう違うのか。

島薗教授は、こうも述べている。
敗戦後も国家神道は解体されてはいない。皇室神道の「核」は残った。今もなお多くの信奉者がいる。




投稿者 nansai : 2008年2月12日 15:59