縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2008年2月18日

大阪の若者も、たいしたものだ


nansai080218-1.jpg

なんとも形容しがたいマルチな才能の持ち主が、大阪に誕生していた。
「乳と卵」で芥川賞を受賞した川上未映子だ。豊胸手術を望む母と思春期の娘の関係を描く物語で137回の芥川賞に選ばれた。小説は二作目という。
ぼくには小説の批評眼はないが、織田作之助風の大阪弁をまぶした「弁文一致」の口語饒舌体は、きらいではない。樋口一葉の文体に影響を受けたそうだ。

それよりも、文芸春秋三月号に載った受賞者インタビュー「家には本が一冊もなかった」を読んで、ぼくはさわやかな感動を覚えた。
昼は書店員、夜は新地で働いたというドキュメンタリーとしての、彼女の人生の軌跡が共感でき興味深かった。
大阪市立工芸高校卒業後、書店員、歯科助手、ホステス、歌手をへて、作家デビュー。まだ31歳なのに。

家に本がないので彼女が小説を読み出したのは、国語の教科書だった。いろんなジャンルの作品が収められていて面白かったという。高校の二、三年生のときにカントの入門書を読んだのが始まりで、働きながら大学の通信教育で哲学を学んだ。
小説を書くのと似ているそうで、歌手としてもライブは続けてやりたいらしい。

足が地に着いていて、物怖じしない。しっかりしているなあ。いや、たいしたものだ。
世間の良家の令嬢おりこうさんコースとは、まったく違う、けものみちを踏みしめ疾走している。終戦後の焼け跡を経験した、ぼくら昭和の残党としても、共感できるところもあるな、と勝手に考えた。

川上未映子賛江。ぼくのアーカイブのなかから拾い出して、思索する猛禽類としての彼女のイメージスケッチを勝手に試みてみた。ご本人はグラビアで見るとなかなかの美形なのだが。


投稿者 nansai : 2008年2月18日 15:57