縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2008年2月27日

緊縮府政の船出に声援、「水都再生」は草の根で

テレビでみると、「財政非常事態」を宣言して、橋本知事が、怪腕をふるっている。
たいしたものだ。見直した。

nansai08227-1.jpg


大阪府のハコモノ施設がいかに税金と借金の無駄遣いだったかを始めて現場検証してくれている。
歴代の知事は、知らん顔だった。新知事にエールを送りたい。いいぞ、その調子!
これは、ジュラ紀のはなしではない。平成のいま、オオサカ平野を闊歩する巨大恐竜の図だ。ハコモンザウルス。シャッキン・コンクリートでできていて、主食は、府民の税金だ。

バブル以前からオオサカに次々に誕生したハコモンザウルスの群れ。駅前自転車のように放置してきた府会議員の責任は大きい。年間30億円の赤字を出す、わけのわからないハコモノ施設を承認し続けた。かれらを選んだわれわれ府民の責任はもっと大きい。
抵抗勢力に囲まれ多難な船出だが、橋本知事の若いエネルギーを、府民が後押しせねば。
大阪のおばちゃんたち、サポートたのんまっせえ。ハシゴはずしたらあかんでえ。あんたらの税金をあんなに無駄使いされたら、ぎらぎら目を光らせて、怒らにゃ。

ワイドショーで大阪府の問題点があらわになり、夕張と変わらぬ無責任自治体の実態が、全国ネットで日本の津々浦々に知りわたることになった。
夕張か大阪か。恥さらしというより、恥の公開は、役人による隠蔽や居直りより、一歩前進である。
「御堂筋パレード」の予算減らし賛成だ。
「水都大阪2009」の見直しも必要だろう。

nansai08227-2-2.jpg

「水都大阪」構築には、われわれ草の根も一肌ぬがねばあるまい。役所がハゲタカにまる投げするよりは、足が地についたプランのいくつかを、自前で考えてみたい。
さて、唐突ではあるが、再生を願う水都の「へそ」は、ここ、ご当地、八軒家界隈なのだ。そこで、


nansai08227-3.jpg

ネット上のご近所サイト「八軒家かいわいマガジン」のとりあえずの見本版編集が、ぼちぼち始動することになった。早くかたちにしたい。

nansai08227-4.jpg


ここら界隈ご町内の繁栄を願って、有志たちが集まることになっている。南斎翁も隠居スタッフとして参加したい。
この八軒家絵巻と同じ形式で、「美しい日本語の文章をネットでも縦組み、大文字で読みやすく」がねらいだ。江戸時代の古い地図を手がかりに、北大江公園特集、島町通り特集がお目見えの予定。もちろん読みやすい縦書きで。
おなかをすかせた北大江公園のハトたちも、どんな出来上がりになるか、たのしみにしているらしい。(この浮浪ハトは公園の住人だが、キャラクタ候補だ。名づけて八軒家の「ハトの八ちゃん」。)

nansai08227-5.jpg

このウエブサイトは、八軒家を起点として、ゆくゆくは、大阪のへそ、大川一帯をコンテンツのテリトリーとしたい。
上町台地の西端のここらあたりは、古代から歴史の宝庫だが、地上の建築物は戦火によりみな消失した、残されたのは、伝承と史跡の石碑だけだ。
めぼしいところでは、八軒家船着場、熊野詣の出発点など。万葉集にみえている古代の「難波津」は、諸説あるが、浪速橋あたりと伝えられる。

往年の八軒家船着場を生き生きと再現した一枚の絵を紹介しよう。手前に三十石船、石段の上に灯をともし始めた船宿。暮れなずむ大川。人々の呼び声、喧騒が伝わってくるが、実際に写生されたわけではない。この幕末?の八軒家風景は、野村広太郎氏が記録絵画という独自の手法で描いたもので、カラー写真のない頃の大阪の風景を克明に油絵で描写したコレクションがある。東方出版刊「おおさか百景いまむかし」から。昭和初期の作品だろう。
こういうすぐれた先人の残された大阪の文化遺産を、こつこつとていねいに収録して後生に伝えてゆきたいものである。デジタルだからできるのだ。だれにでも、みてもらえ、伝えられる。


nansai08227-6.jpg


WEBマガジン特集のおまけに、客寄せポスターの図案をのせることに。
まず、島町の「マリアン」イタリア料理店。
地元食材を使う「スローフード」料理が評判だ。
ハナシ好きのひげのクマさんシェフと、ちかく水耕栽培実験農場も加えて、近辺の契約農家直送の有機野菜料理が、当店の売りだ。


nansai08227-7.jpg


くらげのような巨大野菜は、無数の根が薬液のなかを泳いでいる水耕栽培を描いたつもり。 

ポスターのキャッチフレーズはこうだ。
「ここの野菜は、うまい。
そのはず、某国立大医学博士が考案した回転水耕栽培だ」

農薬を使わない、害虫は回転する水槽で水没水死させる仕組み。日光をさんさんと浴びるから、作物が大きく育つ、歯ざわりがよく、ビタミンが逃げない。だからさくさくと歯ざわりよく、うまいのだと、いいコト尽くめだが、問題は製造コストだけだという。
一日も早い入荷が待たれる。

投稿者 nansai : 2008年2月27日 13:11