縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2008年3月25日

大阪府庁内で職員が仕事中にタバコを吸う権利をぼくら納税者は、どう考えたらいいか?喫煙時間を機会損失として、お金に換算すると、さて。

先立っての休日、テレビの午前のワイドショーをみていたら、大阪府橋下知事の全面禁煙政策をめぐって、盛り上がっていた。

nansai080325-1.jpg

ことのしだいは、こうだ。
橋下知事が世界禁煙デーの五月三十一日をもって、庁内と出先機関を全面禁煙することにした。タバコを吸える休息時間を廃止するために、公務員の休息条例改正案を提出する予定という。
休息条例は、国や大多数の都道府県ではもう廃止されているらしい。府民の税金をもらって仕事する職員としては、庁内禁煙はあたりまえだと、納税する立場のぼくは、思っていたのだが。

ところが、ぼくが驚いたのは、禁煙の話題の意外な成り行きだ。
ジャーナリストの0さんが、自説を展開する。
全面禁煙はファッショである。あのナチスは、禁煙政策だった。橋下知事はやりすぎだ。権力を握ったものは、よく考えねばならん。

nansai080325-2.jpg

それを受けて、司会の落語家が、突然、自分はタバコを吸わないが、執務時間中の禁煙は反対だと言い出した。なぜなら、職員の士気が落ちて仕事の能率にひびくからだと。居並ぶゲストたちが、座の空気を読んで、いっせいに、「そのとおりだ。」と。
その場の流れでは、府庁内の全面禁煙が、行き過ぎで、いかに悪逆無道な方針かということになってしまった。大阪局のワイドショーは、司会者の仕切り方でときにこんな風に迷走する。

庁内禁煙がファッショ?そこまでいうかと、浅学菲才のぼくはびっくりした。
さっそくウイキペディアをみると、たしかに「禁煙ファシズム」という項目があって、ナチスの優性思想にもとづく政策だとか、当代一流の評論家の先生方が「過剰防衛的な社会」を批判している。先生方としては、マジでむきになっているのか、それとも軽い揶揄かユーモアのつもりなのだろうか。よくわからない。

テレビをみながら、あきれるよりも、こりゃたいへんだと思った。
庁内禁煙にかぎらず、そもそも大阪に「改革」はなじまないのだろうか。
何かを変えようと思ったら、「民意」が当てにならないし、裏切られることもある。ヨシモト調の軽いノリで、大阪の「民意」は、簡単に操作される。横山ノックに驚天動地、前代未聞の250万の票が集まったしなあ。ようわからん。

タクシーの禁煙も、大阪は及び腰で足並みがそろわない。
大阪のタクシー会社110社にアンケートしたら、74%が反対だそうな。「喫煙客を他社に採られる」というのが理由だ。

投稿者 nansai : 13:51

2008年3月24日

おっと、ふまないで。芝生は芽吹く準備中。

nansai080324-1.jpg

ぼくらは、北大江公園のはとである。
花には早いが、春がきた。公園の西側の空き地は、芝生が枯れて土がむきだしになっていて、そのうえを、小さな子たちがキャッキャと走り回っている。
空き地には、見た目には気づかないが芝生の種がまかれているらしく、回りに柵がたててある。大切な芽吹きの時期とあって、小さな看板があちこちにぶら下げてある。ぼくらは、立ち入り禁止ということか。「養生」というのだそうな。

shibahu080326.jpg

おやおや、向こうではお母さん方が、乳母車をひっぱりいれて、お花見には早いが地べたビニールをしいて、おしゃべりに夢中だ。
なんやの、「ご協力」って?
看板は、目だたないからなあ。無視されてしまった。
青々と芝生のしげる五月まで、ミミズなどご馳走はおあずけはつらいな。
ハトには、看板は読めないから、仲間は、もう、土の上に舞い下りて、エサかなにか、つつき回している。
nansai080324-3.jpg


投稿者 nansai : 10:56

2008年3月18日

 「この人チカンです。」といわれたら!

nansai080318-1.jpg

昨夜の朝日新聞大阪版夕刊によれば、満員電車で女性に告発されたら最後だという。ほんとうなら、おそろしい。身に覚えがなくとも、「痴漢冤罪」を防ぐのは大変だそうだ。「絶対大丈夫な方法は、ない」とつれない。
「あなたは痴漢冤罪から身を守っていますか」
通勤中の男性たちに駅頭で、同紙がアンケートしている。
情けないことに「混雑時は女性に近づかないこと」という笑えぬ自衛策もあった。触らぬ神にたたりなし。なるほど、ごもっともだが、なんだかへんだよねえ。

nansai080318-2.jpg

そんなわけで、満員電車で男が身を守るには、つり皮を両手で持つか、グリコ式お手上げが一番、のようだ。両手が腰から下だと真っ先に疑われるから。

幸運にも無実が立証された人の例をきくとぞっとする。
駅長室で身の潔白を証明しようとしたが、いきなり警官が来て、有無を言わせず、手錠、腰縄で連行されたという。留置所にいれられ、おぼえがないと、否認を続けると、48時間拘留されることも。これは、まいるよなあ。
「やっていないと訴えても警察はきいてくれなかった」と被疑者は訴える。
推定有罪がまかりとおるのだ。被害者の言い分が最優先されるから、加害者と目されてしまうと本人の自己弁護は困難な状況になる。無罪を証明する証拠を100%そろえねばならない。専門語?で「悪魔の証明」というのだそうな。

なんや。たかが「迷惑条例違反」ではないかといいたくなる。警察も裁判所も、なんだかヒステリックで異常ではないか。この殺伐な社会で、「迷惑」がそれほどの重大犯罪かなあ。もちろん困ったことではあるが。
一方的告発で駅長室から連れてこられた被疑者を居丈高にいためつける調べが、いじめのようでバランスを欠いているとしか思えない。
忙しいはずの警察も、もっとほかに未解決の重要事案があるだろうに。と、人畜無害の「後期高齢者」に分類されたぼくが、口をとんがらせるのもおかしなはなしだ。

疑われると、定年間際のサラリーマンが、あわや一生を棒に振る場面に追い詰められる。おかしい。冤罪ならなおのことだ。このごろでは、自称、被害者、目撃者がぐるになって、気の弱そうな男性に眼をつけ、示談金を狙う新手もあるそうだ。
映画「それでもボクはやっていない」(周防正行監督)が日本の裁判制度をえぐって、評判だったらしいが、どれだけ世論を喚起しただろうか。

nansai080318-3.jpg

いったいどうなっているのか。ネットで調べたら、あるわあるわ、もうすでに、いろんな角度から、痴漢冤罪の回避法が寄せられていた。

こんな笑えぬへんな話、海外ではどう扱われているのだろうか。もしかして、痴漢は、日本人だけのユニークな珍現象では?と思い、グーグルにあたってみた。
CHIKAN。日本語の「痴漢」にずばり当てはまる英語は見当たらぬらしく、海外のメディアは、むしろ痴漢対策におどろいているようだ。
「女性専用車両」は、日本で発明された奇想天外なアイデアだ。導入時には、ロンドンタイムズ電子版ABCニュースなどに、「オールウーマントレーン」と紹介された。導入の背景は、SUKEBEが増えたからだとある。わが国の通勤電車は、清潔で正確なことで、世界から賞賛を浴びているのに。

ウイキペディア(英文)には、標識「ちかんに注意」(千葉西警察署管内防犯協会)と女性専用乗車口のプラットホーム標識(大阪)がめずらしいとみえてでっかくのっていた。

通勤時のぎゅぎゅう詰めの満員電車は、先進国日本独特の奇観であろう。
でも、ロンドンの地下鉄のように爆弾騒ぎにおびえなくてもすむし、こりないチカンたちの「迷惑」行為は困ったものだが、つくづく平和はありがたいと思いませんか。

投稿者 nansai : 14:34

2008年3月12日

ホワイトデーって、なんだ?

誰かが仕掛けたに違いない。かねがね胡散臭いと思っている行事?に、ホワイトデーがある。なにやらバタくさいが、欧米にはない行事だ。
三月十四日に、バレンタインデーに貰ったチョコレートかなんかに、お返しをしなくてはならないと、誰が決めた?
ネットで調べたら、でっちあげ犯人は、すぐ割れた。1978年、全飴協、つまりキャンデー、アメ菓子のメーカーたちが、アイデアを出して柳の下のどじょうをねらったのだ。

nansai080312-1.jpg

チョコレートの売れ行きに指をくわえていてもしかたがない。純国産の「ホワイトデー」というネーミングが覚えやすくヒットして、結構売れたとホームぺージにのっている。
日本独特の「お返し慣習」に目をつけたのはえらい。
今もアメ菓子がお返しの主役とは思えないが、女性から「モテルお返し」はなんだとネットなどで特集されている。ブランド物のハンカチとからしい。

人間とはあさましいもの。「チョコレートをもらった、自分に気がある」と早とちる、うぬぼれが問題だと、ベテランコンサルタントは指摘する。
「義理チョコだったのに、ホワイトデーに会社の前で待ち伏せされて、でかい箱に入ったぬいぐるみを渡された」(R25)といったエピソードもあるとか。

nansai080312-2.jpg

義理で貰ったチョコレートに、モテるお返しか。若い人は、たいへんだなあ。この国は、平和である。

バレンタインデーは、天下の奇習である。
アンケートでは、バレンタインデーなどなくなればいいという女性が30%、あきらめてお世話になっている人への感謝の印と割り切っている人が60%らしい。

投稿者 nansai : 15:25

2008年3月11日

お母さんと自転車三人乗り

町の中を自転車が、わがもの顔に走り回っている。
先日も、横断歩道の信号がやっと青に変って歩き始めたら、自転車が真横から風のように飛び出して、音もなくぼくの鼻先を走り去る。スピードが出ているから、衝突したら、ただではすむまい。
ケータイをみながら歩道をぶっ飛ばす不心得ものも見かける。もともと禁止行為の3人がけは、もってのほかだ。

nansai080311.jpg

目に余る自転車の無法ぶりに、警視庁が30年ぶりで交通規則を見直すことにした。

ところが、幼児二人を前後に乗せる3人乗りの禁止は、若い母親たちが反発した。
「3人乗りができないと、15分早く家を出なくちゃいけない。朝の忙しさがわかっていない。」

「女性の社会進出を無視した政策」というのだ。「少子化対策に矛盾する」とも。こんな場合マスコミもすぐ同調する。

「保育園も少なくて、バスもないのに、3人乗りの禁止は、子育て支援に逆行している。」

なるほど。ごもっともである。お母さんもたいへんなのだ。

しかし、まあ、そうではあるが、新しい見直しの動きは、いつもこうして、全体の一部の声で、ぐらつく。ひどいときは腰がくだける。政治家がわりこんでくるからだ。
大阪のドーンセンターの見直しも、そうだ。
年金問題が解消したかもしれない総番号制も一部の反対でさたやみとなった。
地方の道路、郵便配達も同じようなレトリックで族議員がまくしたてる。

基本の趣旨と全体の利害関係のなかで、ワリを食うグループが必ず現れるのはしかたがない。総論と部分利益をどうバランスさせるかが行政なのだが。
今回は、警視庁が折れ、自転車の「一人乗りのときに比べ著しく不安定にならない構造」が技術上可能であれば、例外的に走行を認めようということになったとか。
こんな場合、せっかく開発されてもコストが高く。購買客が少ない、やむなく、というシナリオが見えてくる。
わすれてはいけないのは、もともと改正の趣旨は、安全である。お金では買えない命の問題だ。
2006年に自転車同乗中に怪我をしたこどもは2150人。70%が交通違反だった。
6歳未満のこどものけがは、40%が頭部だ。頭の重い幼児は転倒すると、脳に損傷を受けやすい。危険防止には、幼児のヘルメットの着用が徹底されなければ。
しかし、この国では、自動車のチャイルドシートの着用も すすんでいない。
自転車の違反行為は、昨年11月末で百七十五万件、前年同月比34%増だそうな。増える一方だ。

「三人乗りを普及させて、少子社会から抜け出そう」というのは、うーん、ちょっと考えにくいのだが。
テレビでみていたら、デンマークのコペンハーゲン市は、自転車天国らしい。市内に自転車専用道路がつくられていた。

投稿者 nansai : 10:52

2008年3月 3日

文明開化は大阪からやで

三月になった。どの雑誌も、さくら特集で、こぼれんばかりのピンク一色だ。
大阪が、桜色に輝いて一番元気のよかった頃。それは、明治初年、文明開化のさきがけとなるプロジェクトXが、大阪天満橋川崎でスタートしたときだった。天満橋からその活況がよくみえただろう。

nansai080303-1.jpg

遺された錦絵をみると、大阪の文明改革は、なぜかさくら風景と合うらしく、希望に燃え新しく国が産業を興す当時の華々しい光景が想像できる。
勢いが違うなあ。川には、外輪船が黒煙をはいて、対岸の最新工場群の煙突もいっせいに煙をはいている。いまは人ごみの通り抜けのさくらしか知られていない。
あれから幾星霜、天下の台所から、大阪は、軍都に、煙の都に変貌して敗戦を迎えた。

当時の錦絵は、満開のさくらと文明開化、大阪の一瞬光芒を放ち輝いた頃の高揚した気分を、伝えてくれる。中之島図書館蔵。公開されているからデジタルで大きく引き伸ばしてみることができる。

維新当初は首都を大阪に置く計画がほぼ内定していたのだそうな。
明治4年、交通の便利なこの地に、日本初の造幣工場「大阪造幣寮」という巨大西洋工場が開業した。
総レンガづくりの工場群、高さ30メートルの大煙突が、近代日本を築く科学技術を誇った。お雇い外人たちの協力で、まばゆいばかりの65基のガス灯もこうこうとともされ、あかるさに大阪の人たちが仰天した。それまでろうそくと行灯の光しか知らなかったのだ。一目見ようと連夜市民が押しかけたという。


投稿者 nansai : 14:19

2008年3月 1日

鈴をつけるのは誰?

民主党の指名競争がいよいよ煮詰まってきた。テキサスとオハイオが最後の決戦場だ。オバマの勢いがとまらない。ヒラリーは中傷で反撃を試みるが、ネットでみると敗色濃厚のようにみえる。
アメリカのジャーナリズムは非情でえんりょがない。次のように報じている。

nansai080229.jpg

民主党の党内事情としては、早くヒラリーに名誉ある?撤退をしてほしいらしい。このまま、クリントン陣営がライバル候補に最後まで罵詈雑言を浴びせ徹底抗戦すると、党内が傷つき割れる。秋の共和党との本番で、どう転ぶかわからないからだ。
問題は、「だれがヒラリーに告げるか」だ。と、ワシントンポストの見出しには、惻隠の情はない。
なかなか言い出せない。誰がネコに鈴をつけるかだ、とある。そうだろう。そこは日本人の心情に似ているかな。戦いが終わったら敵味方ないという、ラグビーのノーサイドのようにはゆかないものだろう。ニューヨークタイムスには、過去の歴史からみて、もう暗殺の可能性を心配している記事も。

テキサス、オクラホマの決戦は終わっていない。なのに、戦い果てたとみて、敗因分析に入った新聞の論調が目立つ。ヒラリーさんには申し訳ないが、われわれ異国の野次馬には大変興味ふかい。

当初あれほど有利に立つていたはずのクリントン陣営がどうして個々まで追い詰められたのか。ヒラリーは、資金集めでは大口献金者を確保したはずだった。オバマは小口の草の根募金でクリントンを打ち破った。オバマ候補への献金は、一人平均わずか109ドルと、ABC放送が報じていた。運動員たちはクリスマスに一日休んだけだ。
オバマ陣営にくらべ、戦略の大きなミスが指摘されている。早くも戦犯探しだ。ヒラリーの戦略を立てたコンサルタントが、実名、企業の名を挙げて非難されている。ハゲタカが勝ち馬の本命クリントンにちゃっかり乗ったのだ。
寄付金集めなどのカネの使い方が乱脈をきわめていたとか、克明にデータが残っていて事細かに分析され報道されるのが、アメリカの選挙らしい。


投稿者 nansai : 02:12