縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2008年3月12日

ホワイトデーって、なんだ?

誰かが仕掛けたに違いない。かねがね胡散臭いと思っている行事?に、ホワイトデーがある。なにやらバタくさいが、欧米にはない行事だ。
三月十四日に、バレンタインデーに貰ったチョコレートかなんかに、お返しをしなくてはならないと、誰が決めた?
ネットで調べたら、でっちあげ犯人は、すぐ割れた。1978年、全飴協、つまりキャンデー、アメ菓子のメーカーたちが、アイデアを出して柳の下のどじょうをねらったのだ。

nansai080312-1.jpg

チョコレートの売れ行きに指をくわえていてもしかたがない。純国産の「ホワイトデー」というネーミングが覚えやすくヒットして、結構売れたとホームぺージにのっている。
日本独特の「お返し慣習」に目をつけたのはえらい。
今もアメ菓子がお返しの主役とは思えないが、女性から「モテルお返し」はなんだとネットなどで特集されている。ブランド物のハンカチとからしい。

人間とはあさましいもの。「チョコレートをもらった、自分に気がある」と早とちる、うぬぼれが問題だと、ベテランコンサルタントは指摘する。
「義理チョコだったのに、ホワイトデーに会社の前で待ち伏せされて、でかい箱に入ったぬいぐるみを渡された」(R25)といったエピソードもあるとか。

nansai080312-2.jpg

義理で貰ったチョコレートに、モテるお返しか。若い人は、たいへんだなあ。この国は、平和である。

バレンタインデーは、天下の奇習である。
アンケートでは、バレンタインデーなどなくなればいいという女性が30%、あきらめてお世話になっている人への感謝の印と割り切っている人が60%らしい。

投稿者 nansai : 2008年3月12日 15:25