縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2008年4月17日

500円玉の値打ちを考える

nansai080417-1.jpg

このところ、ぼくは悪名高い「長寿医療制度」の恩恵により、腰痛の整骨治療に通っている。

この制度について厚生労働省はこう説明している。
これまで長年社会に貢献してこられた方々の医療費を、国民みんなで支える「長寿を国民皆で喜ぶことができる仕組み」(原文のまま。)と。

思いもかけぬ世論の沸騰にびっくりして、急きょ書き直したにちがいないが、ありがたいことではないか。
ぼくにしてみれば、従来どおり五百円玉ワンコインで整骨治療が数分受けられるのだ。

若い先生のタッチの妙というか、もむわけでなく、ほぐすわけでなく、どこがどうなっているのか知らないが、あちこちをさわりまくるだけで、あら不思議、老骨が95%回復してきた。

nansai080417-2.jpg

あとちょっと、小腰をかがめたり、低いいすから立ち上がるとき、あいててて、というほどではないが、ぴぴぴと違和感信号がくる。完治まで、もうちょいである。治療中の絵も、なかなか、うまく描けた。青いほうがぼくである。ねんのため。
前回は、中途半端のまんま、無謀にもゴルフコースにいきなり出て、その翌日から、あいてて、と寝返りが打てない元の木阿弥となった。あの苦い経験を繰り返すまじ。

nansai080417-3.jpg

このありがたい長寿医療制度は、趣旨がわかるように説明されていないため、いまや高齢者からの怨嗟の的である。へんにかざらずに、本音を正直に言えよ、という声もある。
年寄りに死ねというのか、といきまく向きもあるが、ま、いずれお迎えが来るのだ。
問題は、本人にも、家族にも、国、自治体、医療機関にとっても、たいせつな究極の終末医療をどうするかである。この制度がうまくはたらいてくれるだろうか。
国は、年間死亡者100万人の終末期医療費およそ9000億円を抑制したいのが本音。
でも、そのための在宅医療支援って、インフラがととのっていないいま、はたして、うまくゆくかなあ。
救急車が搬送する病人を病院に受け付けてもらえず、うろうろするさまがダブってみえてくる。

海外のインターネットをグーグルであけてみると、
good deathというテーマが、なんと、2千880万項目あがっていた。
ちなみに、トップにはBBCの健康特集「グッドデスを迎えるには」があがっていた。PDFで冊子が読める。
21世紀、人類最大の関心事、究極の健康問題は、
不老不死ではなく、good deathなのである。
厚生労働大臣には、あまりに荷の重すぎる課題だ。
さて。


投稿者 nansai : 2008年4月17日 15:04