縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2008年4月24日

造幣局桜の「通り抜け」


nansai080424-1.jpg

いつもは閑散としている天満橋駅がどっと人の波でにぎわうのは、天神さんの夏祭りのほかには、造幣局桜の「通り抜け」のときだけである。
あちこちの桜が散った後の桜見物に、八十万人の善男善女がどっと繰り出してくる。満開の370本、125種の遅咲きの八重桜がお目当てだ。日本中から集められたときく。
見物は夜桜が本来だろうが、ふと思いついて、あえて大混雑の日曜日の白昼に単身突入をこころみた。
軽率にも、いつものとおり天満橋駅を降りて天満橋を渡ろうとした。
これは無謀というもので、天満橋は、人の河の交通規制でとても渡れない。迂回して東の川崎橋からようやく造幣局前の広場へ。縁日のような混雑だ。
こんなに人が集まるのは、花もさることながら、無料公開ということだ。だが、構内は、飲食禁止、食べ物はしまってくださいとアナウンス。ひたすら歩くだけ。さくらの下にござをしいて車座になって、さわぐこともできないから。場所取りも必要ない。
いまの花見は、見るより、撮る時代か。
みなケータイやデジカメで写真を撮るから、行列がすすまない。

nansai080424-2.jpg

大混雑にも平然と老夫婦が「これが、話題の雨宿りか」などと、花の前で立ち止まり、名札を一つ一つ確かめて楽しんでいた。
ぼくなんか花を撮る人々の写真を撮るのに夢中で、どの花もほとんど同じにみえてしまった。デジカメの液晶画面は、まっくらでなにもみえないから、やたらめくらめっぽうに、シャッターを押す。
あとで、造幣局のホームページをみたら、さくらの樹の一覧が、「あずまにしき」「あまぎよしの」から始って、解説つきでアイウエオ順にのっているのを発見。、まるでさくら図鑑だ。生きた花を満開の現場で見上げても、この多様な品種の差は、門外漢のぼくの目ではとても見分けられない。

nansai080424-3.jpg

親切に中国語のアナウンスもきこえてくる。「通り抜け」もグローバルになったのだ。
のろのろ牛の大群にむかって、写真なんか撮るのをやめて前へ進んでください、と絶叫する場内整理のおっさん。ごくろうさんなこった。
造幣局は、明治の文明開化の象徴だった。近代化学発祥の地ともいわれている。

nansai080424-4.jpg

構内には、さくらが植えられていた。明治16年に時の遠藤謹助局長の「局員だけの花見ではもったいない。市民とともにたのしもうでないか。」(同局ホームページ)の提案で構内の桜並木の一般公開が始った。
戦災で何もかも失った大阪で根付き、これだけの人を毎年集められるのはすばらしい。
思いつき一過性のイベントでは、決してない。

花見は、文化遺産なのだ。
腰をすえて、花の寿命二十年三十年を見据えて、ソフト、ハードがともにそろわないと、こうはいかない。
しかも、それが明治初年から連綿と125年も続いている。国がバックアップする条件がととのっていたとはいえ、すごいことだ。
大阪文化再建のお手本が、ここにある。

「水都再生」が、叫ばれて久しい。
だが、うわすべりの思いつきイベントに流れてしまっているようだ。橋下知事が「イベント後の効果が不透明」と批判して「水都大阪2000」の実施計画案に反対した。
ぼくは橋下知事の反対意見を全面的に支持したい。

カネがかからないからといって、補助金を出して、終わってしまえば、単なる思い付きはいっさいが揮発して何も残らないことになる。
赤貧にあえぐ自治体が、ほかの喫緊の出費をさしおいて支援する価値はない。
ハードあってのソフトだ。リピーターをひきつける魅力ある持続的な都市文化を、大阪に根付かせねば。
この十年の失政で、なにやら文化的お題目のついた中身のないハコモノが、むなしいカネ食い虫であることは、国も地方自治体も思い知ったはずなのに。

京阪電車西口で、「造幣局桜の通り抜け」の臨時案内表示がふと目に留まった。

nansai080424-5.jpg

ふうん、造幣局は、JAPAN MINTか。覚えやすいな。英語と漢字の字画?の差がおもしろいと思った。
ついでながら、「通り抜け」の英訳は、
view‐throughとしてみたらどうだろう。(ドライブスルーというではないか。)よけいなことだが。
世界でもワシントン、ニューヨークでも、さくらが人気だ。中国からも花見客が訪れ始めている。枯れ木のように何もない大阪を花の町にできるかなあ。

nansai080424-6L.jpg

そういえば、むかし南港の天保山は、花の山だった。いまも、「世界で一番低い山」が売りだ。ここは江戸時代大川をさらえた土砂を積み上げた人口の島で、そこにさくらを植えた。
おおさらえに従事した人たちの粋なはっぴの衣装が資料に残っている。いま荒涼とした南港で花の山は、想像しにくい。大阪では、ここまで風景は変わるのだ。

投稿者 nansai : 2008年4月24日 13:14