縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2008年5月 2日

座布団一枚の寄席。満員御礼。


nansai080502-1.jpg

川向こうの落語専門の天満天神繁昌亭が、朝ドラの影響もあって、ご婦人方に人気で大繁盛らしい。

いってみれば、ぼくのこのサイトも、座布団一枚しかない寄席の小屋のようなものだろう。
定員一人で満員なのだ。座付き作者のぼく以外に、客はいない。
つまり演者、イコールお客。
新作落語?を、ぼくが演じ、ぼくが客だ。
落語の「寝床」を地でゆく。ただ義太夫は下手でも、長松どんに迷惑をかけないココロ意気なのだ。

絵になりそうな演題をふと思いついたら、そそくさと即、開演である。その即興性、浅薄軽率さが、マウス絵の最大特徴だ。
そのひとりよがり、してやったり、の絵が、つかみ、マクラである。
マクラ絵が、すじにすこんとはまると、演者はうれしい。が、たいていは、しくじる。

「屁をひっておかしくもなしひとりもの」ではあるが、
自作自演の場合は、唯一の見巧者の客であるぼくに受けねばならぬおきてなのだ。きびしい。

nansai080502-2.jpg

毎度、ばかばかしいが、一回こっきりで消えるハナシだから、しばらくたつと、なんでこんなトピックにこだわったのかわからなくなること、しばしばである。

でもおもしろいのは、そんなくだらぬハナシがデジタルのおかげで、サーバーに散逸もせずアーカイブされ(しばらくは、だが)こうして記録再現できることだ。
この絵巻サイトを、だらだらと横スクロールしてゆくと、長さでは、とっくに天満橋は越えたはずだ。
裸の王様がひきずっている長いローブのようなものか。だれの目にもみえないから。

nansai080502-3.jpg

そんなわけで、ぼく自画自賛のつかみの絵が話題にのぼることはまずないのだが、題によっては、グーグルのサーチエンジンが、ひろいあげていることもある。

先日もグーグルの「映像」に「トラキチ」といれてみたら、ゴマンとあるごみの山に、かつて描いたぼくの絵が数点まざっていた。思わぬ再会である。
あれはロボットが機械的にひろうそうで、絵の巧拙は関係ない。

nansai080502-4.jpg

気まぐれなぼくの脳裏に、ふっとスジとまくら絵のアイデアが浮かんだら、こちょこちょと、マウスを動かす。気分と気合だ。




投稿者 nansai : 2008年5月 2日 17:44