縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2008年5月 9日

阪神に、神のご加護。これでいいのか?

080509-01.jpg

うわー、思わず、眼をつぶった。
昨夜の巨人阪神戦ナイター、阪神二点リードの7回の東京ドーム。ラミネスの大飛球が左翼席フェンスぎりぎりを襲った。
走者二人をおいて、はいれば逆転のツーランだ。

でも、どうしたことか、大飛球は外野席には飛び込まず、球は転々戻ってレフトの芝生に落ちた。

最前列のトラファンが打球に手を伸ばしたらしい。
ようやるわ。テレビではよく見えなかったが、球をつかもうとしたのか、球がその手をすり抜けて、はねたのか。
審判の判定は、打球はフェンスを越えていなかったが「お客の妨害があったため、二塁打とします。」
本塁打が認められず、二塁走者が生還しただけ。
助かった。でも、後味はよくない。
巨人ファン怒るまいことか。

その前に、大きなドラマがあった。
3回、金本の頭部を、木佐貫投手の速球がまともに、襲ったのだ。
かわしようもなく、ヘルメットを直撃し、バッターボックスにくずれおちた金本をみて、みな真っ青に。
しばらく動かず横になっていたが、鉄人金本はそのまま歩いて一塁に。

おどろいたのは、次の打席でのお返しの本塁打だ。
巨人投手がびびるところを逃さず、フォークをライト席にライナーでホームラン。
解説の掛布がすごいとしかいいようがないと、鉄アタマ男に脱帽なのだ。

大リーグでは、もし客が手を出していれば、いわゆる「神の手」といって、退場になり、本塁打が認められるらしい。

これにヒントを得て、不謹慎だが、タイガースグっズを開発した。
外野ファン専用の大うちわだ。
攻撃時には、ここへ打って来い。と絶叫。
0805809-02.jpg

ラミレスが打席に立てば、くるりと裏返して、くるな、返れ。進入禁止か、せこい発想だなあ。
080509-03.jpg

さて、トラの足の裏は、どうなっているか。
ほんとうは、神ならぬ「トラの手」と称してホームラン跳ね返しグラブを考えた。デザインはトラの足の裏がいい。だが、どうみても、スポーツマンシップにもとり、違法であるからして、ボツにして無難なものにした。

勝った、勝った、また勝った。
巨人戦に連勝しても、タイガースファンはどこか不安なのである。何かがどこかで間違っていると思ってしまう。
油断は、大敵。中日もぴったり追尾してくる、まもなく巨人も息を吹き返すだろう。
根が心配性で、「世の中いいことがそんなに長く続くはずがない」と、ご先祖様にいわれるまでもなく、関西で阪神を何十年とひいきし続けていれば、緒戦で破竹の勢いが、あっというまに、くしゅんとなるのは、太平洋戦争の例を引くまでもないことは百も承知なのである。

押さえの久保田が打たれている。
いまのところ絶好調の40歳トリオは、おそらく今年がピークだろう。まもなく訪れる厳しい夏場を老骨が乗り切れるだろうか。かれらは、野球の世界では、後期高齢者だ。
トラキチ取り越し苦労のタネはつきない。

投稿者 nansai : 2008年5月 9日 15:40