縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2008年5月15日

葉ぎれのいい完全無農薬サラダはいかが?

抗酸化物質を増やす「ヤノハラ新野菜」がようやく実験農場から出荷のはこびとなった。20年間研究を続けてきた考案者の矢野原医学博士の新農法農場が動き始めた。おめでとうございます。

nansai080515-1.jpg

隣のイタメシレストラン「マリアン」で、さっそくメニューにサラダとしてどかーんとデビューした。
大阪では、当店がはじめてである。葉があつくて、さくさくとして歯ごたえがあり、野菜の甘みが口に広がる。
みずみずしい大振りな野菜に目をとめて、店頭でも買ってゆく人が多い。

ふつうの水耕栽培とはちがうのだ。
野菜に太陽光いっぱい浴びせる独創の農法。当然アブラムシなど害虫が襲ってくる。そこで、新装置により野菜を電動であげおろしさせ、葉っぱをまるごと水没させて害虫を窒息死させる。だから、完全無農薬。
人間の腸のぜん動運動のように、培養液が微妙に振動させられて、根を刺激する。有機肥料が主体だから、
栄養価が高い。ほうれん草なら1メートルまで育つという。
ヒトの組織を傷つける活性酸素を打ち消す酵素の働きが、太陽の下で栽培するこの方法では高まってきたといわれ期待されている。
ぼくの常識では、医学博士の雄大な発想はよくのみこめてはいないが、「ヤノハラ新野菜」の市場導入を祝ってポスターをデザインした。
とれとれ絶対安全は、保障できる。

投稿者 nansai : 2008年5月15日 12:05