縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2008年5月19日

ビリケンさんのトラキチ版を描いてみた。

nansai080519-1.jpg

頭のてっぺんがとんがっていて、目の釣りあがった異相のキャラクター「ビリケン」。かれは、意外にもアメリカ生まれなのだ。
「ビリケンさん」は幸運の神さまだ。七福神にひとつ足して八福神とよばれることもある。
ビリケンさんの足の裏をこちょこちょとくすぐると幸運が訪れるといわれる。手が短いので足の裏がかゆくてもかけない。といわれるが、このくだりは大阪の発明かなあ。

nansai080519-2.jpg

最近、新世界が観光の人気らしい。ランドマークの通天閣に鎮座して、いつのまにか日本に帰化?したビリケンさんは、幸福の神さんとして、大阪のシンボルのような存在になった。

新聞で知ったのだが、池田市が市制70周年を記念して、「ビリケンさん」の像を制作し市内の公園に設置することになったらしい。

もとはといえば、二十世紀初頭に米国カンザスシティの女教師が考え出し、どういう星のめぐりあわせか、当時、幸運を呼ぶ人気絶大のマスコットになったらしい。百年前の話である。日本でいまはやりの「ゆるキャラ」ブームの元祖か。
その後、セントルイス大のフットボールコーチによく似ていたとかで有名になり、現在はいろいろな同大学の運動部のユニホームに採用されている。ネット上にもキャラクターグッズの売店もある。一切の商標権は、同大学にあるという。同大学のウエブサイトをみてほしい。

nansai080519-3.jpg

唐突ではあるが、ぼくも、阪神優勝を祈念し、いちびってトラキチ版のビリケンさんを描いてやろうと思い立った。未公認タイガースグッズとして、ぼく流にアレンジした。
杉山投手が登板する夜とか、負けが込んできたときには、祈りながらビリケンさんの足の裏をこちょこちょとかいてあげよう。霊験あらたか、まちがいなし。

著作権がいろいろうるさいこのごろだが、アイデアとは、いまあるものの組み合わせなのであるからして、
盗作にはなるまい。セントルイス大学には、ビリケン剣士のちょんまげ版を、仁義をきって描いておいた。

nansai080519-4.jpg

ビリケンさんは、いちはやく日本にやってきたようだ。
日本では、明治45年にオープンした新世界の遊園地ルナパークに「ビリケン堂」がつくられ、ビリケン像が安置された。その後火災で行方不明になっていたが、1979年に再建された通天閣に復活したそうな。

それはそうとして、はて、トラキチ版のニックネームをどうしよう?
なんぼなんでも、「ビリトラ」は、まずいか。

nansai080519-5.jpg

ついでのおまけに、ビリケンさんにオールを持たせてボートを漕いでもらうことに。
いよいよ京阪電車新線の開通が秋にせまり、天満橋の八軒家船着場が脚光をあびているが、そこにボートを漕ぐビリケンさんを呼んできたらどうじゃろ、という八軒家南斎のくだらないアイデアなのだ。

nansai080519-6.jpg

投稿者 nansai : 2008年5月19日 15:20