縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2008年5月20日

風薫る五月は、同窓会の季節だろうか。

ことしも旧制中学の在阪同窓会に出た。律儀な幹事の誠意にほだされたのだ。
古希をとっくに過ぎた旧友たちは、昭和一ケタ生まれ、押しも押されぬ「後期高齢者」だ。
昭和戦争末期の入学だから、長年見慣れた顔ぶれも、年々数も減って五人。いずれも甲羅の苔むした亀の面構えだ。

nansai080520-1.jpg
nansai080520-2.jpg

この年齢の同窓会は、野戦病院のようになる。
外見は元気だが、ほとんどが何かの疾患をかかえ、手術などを経験している。これまで何回も繰り返された思い出話がとぎれると、聞きたくもないが、どうしても話題が病気のほうにゆく。脳、胆のう、部位はいろいろだが、まるで手術の手柄話だ。

ぼくらは、戦時下の旧制中学に入学、校訓は「純忠、至誠、剛健」だった。何しろ中原中也が素行不良で一年で放校された学校だ。
校庭で毎朝、天皇陛下のいます宮城へ向かい、うやうやしく東方遥拝のあとに、校訓を唱和した日々。
戦況苛烈となり、ほとんど学習しないまま勤労奉仕、学徒動員、敗戦による引揚げ、軍学校からの復学、転校生受け入れ、占領下の633学制改革、でも共学とは無縁のまま、青春とは程遠い学園生活を、時代に翻弄された。あの頃は、食料難にくわえて、友人たちの間に、結核が猛威をふるっていた。

しかし、ごく平凡なふつうの少年としては、天皇の名のもとに「東洋平和のために」戦争に駆り出される心配がなくなったのは、最大のしあわせだった。
地方都市では、時代も、本格受験戦争勃発前で、参考書も塾も予備校もなく、貸本と映画いがいに娯楽もなく、空腹と胸に将来へのばくぜんとした不安をかかえつつ、ふらふらと毎日を過ごせた。いくつか年上の先輩たちのように、赤紙一枚で狂った戦争に引っ張り出されたのにくらべれば、あれはあれで、最高によかったのかなあ。もちろん亀さん同士では、こんな話は一度もでない。戦争への意見も、わかれるからだ。

空襲はまぬがれたのに、戦後の土建国家政策で、市内に道路が縦横無尽に敷かれ、百年の伝統を誇った母校も郊外に移転してしまい、跡地には思い出のよすがになるものは何も残っていない。

nansai080520-3.jpg

最近とみにしょぼくれてきたように見受けられる昭和ひとけた組にくらべ、「前期」高齢者の年下の友人たちは、いたって元気がいい。
高齢者といっても、前期と後期のあいだに、見えない壁が存在するのだろうか。
勤めから開放され、大学で学びなおしたり、海外旅行、趣味の合唱、ゴルフと、第二の青春を謳歌しているように見える。
聞いた話だが、その元気なかれらでも、そろそろ同窓会はやめようや、という声が出始めているという。
せっかく集まっても、うっとおしい会合になるからだろうか、そうか、同窓会にも「定年」か。

nansai080520-4.jpg

五月。もうひとつ在阪同窓会がある。
先夜、幹事からぜひ出るようにと催促の電話がかかってきた。出たところで、知らない年下の連中ばかり、幸薄く母校意識の希薄なぼくらの年度の卒業生はちらほら数えるほどになるだろう。
ふしぎなことに、同窓会で元気のよかったやつから死ぬ、ということもある。勲章貰って、奥さん同伴で宮中に参内して感激していた同級生も、なくなって数年たつ。

ちなみに、長寿のシンボルのカメたちだが、この絵はグーグルイメージの写真から、スケッチした。

みよ、矍鑠たるガラパゴスゾウガメの勇姿。

カメは、代謝のサイクルが遅く、動物の中では長寿の代表格だとか。長寿記録は、オーストラリアの動物園で飼われていたガラパゴスゾウガメのハリエットの175歳。心不全で昇天した。

投稿者 nansai : 2008年5月20日 14:37