縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2008年5月21日

「食い倒れ人形」の婿いり先は、きまったのかな?

nansai080521-1.jpg

道頓堀の食堂ビル「くいだおれ」が突如閉店を宣言した。
皮肉にも、食堂の味を惜しむ声はあまりきかれなかったが、店頭で名物の食い倒れ人形「太郎」は、大阪を代表する宣伝価値が認められ、引き取り手が殺到しているらしい。
識者も入れた委員会で、婿入り先を検討しているとか。
なかでも、このところ人気上昇の通天閣が熱心だそうな。

nansai080521-2.jpg

大きなお世話だろうが、ぼくのアイデアは、こうだ。

人形はどこへ行ってもよいが、太郎のあのコスチュームを着て練り歩くパレードを、生まれ故郷の道頓堀に残しては?というものだ。ディズニーランドは、キャラクターたちのパレードで繁昌している。
食い倒れ伝統のピエロの衣装をそろえて、チンドン屋パレードが道頓堀を練り歩く。
三人編成か、大行列か。毎日か、毎週か、年に何回か。趣向はさまざまだ。悪乗りすれば、アイデアはぞろぞろ無限だろう。もちろん、チンドン屋は本職のぶかぶかどんどん楽隊演奏も捨てがたい。
戦前にたしか「道頓堀行進曲」というのもあったなあ。

nansai080521-3.jpg

頼まれもしないのに、ぼくのおすすめは、こんなんどうかなあ、だ。
太郎と同じ衣装を用意しておいて、素人参加のチンドン屋大行列がおもしろい。京都の葵祭りにくらべれば、いささか品格にかけるが、まあいいんじゃないの。
何十名何百名の「食い倒れ太郎」のクローンたちが、えんえん、ぞろぞろ行進するのは、テレビの絶好の被写体になりそうだ。
シロウト参加には、条件をつける。おそろいの貸衣装代として、パレード参加料を申し受けるのだ。
アジアはおろか世界の観光客をひきつける道頓堀の目玉イベントになるかも。
なんせカネがかからないのが一番やおまへんか。

08052804.jpg
「昭和30年の大阪」(三冬社刊)という写真集が出た。表紙には、街頭を練り歩く「食い倒れ」チンドン屋の白黒写真がのっていた。へえ、こんぐらがってきた。ミナミに弱いぼくには記憶がない。電気仕掛けの人形とチンドン屋と、どっちがさきだったのだろう。

太郎は、ついに郵便切手になるらしい。
虎は死して皮を残す。「くいだおれ」食堂は六十年の歴史を閉じて、名物人形「太郎」を残したのだ。

投稿者 nansai : 2008年5月21日 17:08