縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2008年5月28日

「源氏物語」は、発禁の書だった。

08052801.jpg

いまや国民文学となった源氏物語も「不敬の書」と非難を浴びた時代があったという。
なんというおぞましい国だったのか、日本は。
とても信じられない。
日経連載の「源氏物語一千年の波紋」は衝撃だった。驚き、かつ、昭和暗黒のあのころを思えば(覚えてはいないが)、さもありなんと思った。

昭和八年、坂東蓑助上演予定「源氏物語」が、突如、警視庁により上演中止命令が出された。理由は、登場人物が皇族であることだった。満州事変の二年後のことだ。あと八年で、あの太平洋戦争に突入する時代のいやな空気だ。
「天皇幻想を中心に国家統制を強めたい連中から、秩序を脅かす危険な物語」(日経)とレッテルをはられた。
08052802.jpg

臣下である光源氏が父帝の后と密通したうえ、その不義の子、冷泉帝が即位するという筋書きが、不敬文学というのだ。
昭和十四年には、谷崎潤一郎により「源氏物語」の現代語訳が嵐の中に出版されたが、これまた検閲のはさみに切り刻まれた。国粋主義者山田孝雄の手によるという。ぼくは国文学の大家だと思っていた。

08052803.jpg
源氏物語のころのハンサム像は、現代とは違う。
絵巻でみると、メタボ系の小太りでぽっちゃりした男性が、宮廷の女性のおめがねにかなったらしい。どうみても糖尿病予備軍だ。

専門医によれば、わが国の糖尿病第一号は、藤原道長だそうな。もてにもて、位人臣を極めたかれが、光源氏のモデルといわれている。
光源氏が、平成六年、国際糖尿病会議が神戸で開かれたときの記念切手に登場しているのはそんなわけだ。
源氏物語千年紀とは関係ない。
道長の現存する日記で調べると、運動不足と貴族社会の権力闘争に勝ち抜くための宴会づけがたたったのか。
国民病と国民文学。おあとがよろしいようで。

投稿者 nansai : 2008年5月28日 15:22