縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2008年6月 2日

道路族、どげんかせんならん。 

半世紀も前に、田中角栄が「コンピュータつきブルドーザー」で日本列島を蹂躙した結果、取り返しのつかない列島バブルを招来した。その手法DNAは、自民党「道路族」にしっかり受け継がれている。
「道路財源、多難な一般化」閣議決定骨抜きに「道路族の影」などと新聞に書かれると、ああまたか、何とか排除できないのかと、いやな気がしてくる。

080602.jpg
マウスでこちょこちょ描いたが、この絵には、力がはいった。

そもそも首相が道路族に擁立されたのだから、なんといわれても、自民党は、「道路党」以外のなにものでもない。改革は口先だけ。積み重なる国の借金はどうでもいいのだ。道路族は、まず、「地方を切り捨てるのか」とすごみ、地方票を人質に、不毛な公共事業費を地方へばら撒き、目先の一票を回収する。
道路用の土地の手当てにも膨大な買い上げ予算がうごく。農地山林を買い叩くのではなく、気前よく税金で、買い上げるのだ。トーちゃん、日の丸だ。

ちょっと古いが、朝日新聞「経済気象台」の「四知」のコラムが歯切れよく、痛烈である。
「ちょうど雪山の頂上から転がり落ちた小石が急斜面の積雪を結集して、ふもとの村落を崩壊させるように、田中角栄が半世紀前に始めた道路建設のための特別目的税が、利権を求める政官業を寄せ集め、共同体の崩壊、地方の荒廃、格差の拡大、果てはこの国の衰亡を招いた。」
道路建設の特別目的税が、わが国の衰亡を招いたとまでいいきっている。そのとおりだ。
「この雪崩の慣性の強さは、三十年以上に及ぶガソリンの暫定税率をさらに延長しようとする大合唱にあらわれている。地方の首長のほとんどが継続を求めていることでも、利権の根深さに驚かされる。」
人気者の東国丸知事までもがである。

政治とは、しょせん、選挙の際の票を集めるために掲げた「大義名分」の裏側に潜む利権の分け合いなのだろう。道路、防衛、厚生、文教、と、なんとか「族」の前に「利権」といれてみると、なっとくできる。

声高に叫ぶ大義も正義も、その裏側のもっともな事情があって、つまるところ、利権の分け方の落とし場所をさぐることになる。

もっともらしい「大義」の裏になにがあるか。
イラク戦争も、中東に民主主義を、というブッシュのお題目を信じる人はいない。アメリカのねらいは、のどから手の出る石油だ。イラクは、世界三位の石油産出国なのだ。
「大義」なるものは、らっきょの皮をむくように、具体的に説明にかかると、見えてくるものがある。
悪名高い「後期高齢者医療」も、核心は、国として、さらにふえ続ける巨額な「終末医療費」をなんとか抑えたい、につきる。冷厳な事実を国民につきつけねばならない。
だが、ここは、医者として、見逃せない収益源でもあるという。いきおい奥歯にもののはさまったいいかたになる。
近年、専門医のあいだでも「濃厚治療」の弊害が指摘されている。国には、話をそらざず、説明する責任がある。

投稿者 nansai : 2008年6月 2日 17:15