縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2008年6月12日

もっと米を食べてほしい、と国民にいいたいのか、政府のこの広告は?ならば、もっとまじめにやれといいたい。

えらい時代がきた。
日本は、カネがあるからといって、食料を、よその国から買うことができなくなるという。
まず自国が大事だから、売ってくれなくなるのだ。
小麦も、トウモロコシも。肥料も。旱魃も洪水も原因らしい。米国の農家は、ビジネスマンだから、トウモロコシはエタノール工場に買ってもらうほうがとく(国から補助金が出るから)と計算している。

そこで、もっとご飯を食べよう、と政府も国民に訴えている。
だが、日経にのったこの広告は 、ぼくらの税金でつくられたとすれば、無駄づかいとしかいいようがない。
まず、意図がわからん。
英語とおぼしきローマ字でだれになにを訴えようとしているのか。
ごろあわせよりも、ちゃんとまじめに懸命に、いま米食の大切なことを述べるべきだろう。
これからの日本は、どの家も、朝ごはんを見なおさなければ、農業が維持できなくなる。政府はこういいたいのだろう。
「朝は、ごはんにしよう」というなら、日本人に素直に共感できるような訴えかたはいくらでもあろう。
黄色い鉢の盛られている丸い粒粒は、お米には見えない。あまり、きもちがよくない。

日経にのったこの広告掲載料は、驚くほどの金額だろう。
だれに向かって、なにをわかってほしいのか、いったい、どうしてほしいのか。いいたいことが、これではわからん。ぼくらの払った税金で、効果のあがらぬ無駄を発生してほしくない。
ハブ ア ライス デー?
そのカネで、もっと有用なことが、ほかになにができるのかを、農林水産省はかんがえねばならない。

1945年、敗戦でアメリカの農業マーケティング政策で、パン食の伝統のない日本の学校給食は、米食でなくパンにされた。日本は、飢餓線上をさまよっていたが、当時のオレゴン州などの小麦農家は、戦争が終わり、余剰穀物の捌きに苦慮していた。そこでアメリカは国を挙げて輸出戦略を、日本の占領政策とすりあわせたのだ。マーケティング史上最高の成功事例だった。
日本の米食の衰退はそこから始った。

投稿者 nansai : 2008年6月12日 13:23