縦書きブログ「八軒家南斉」

WEB1グランプリ 準グランプリ受賞

2008年6月23日

野球も組織も、コミュニケーションしだいか

春先の評論家たちの予想に反して、阪神が、やたら、しぶとく強い。
「いつの間に強くなったのだ?」
と、楽天の野村監督がおどろくほど、苦手の交流戦でもがんばった。いつの間にか貯金もたまって20となった。

nansai080623-1.jpg

身をもって範をたれて、チームの若い選手をひっぱっているのは、40歳前後。球界では、後期高齢者に当たる選手の面々だ。それも、お説教ではなく、目の前の修羅場での実績で示すのだから、ぐうの音もでない。練習やトレーニングに取り組む高齢選手のうしろ姿がそのまま、若手にとって生きたお手本なのだ。

nansai080623-2.jpg

大リーグ中継が、NHKのBSを独占しているが、だれがみているのだろう。
イチローとジョージマと、日本を代表した超一流選手を引き抜いたシアトル「マリナーズ」が不振にあえいでいる。
地元紙の電子版によれば、ゼネラルマネジャも監督もクビになった。どうしても、勝てないらしい。

ロッカールームの空気が、不穏につつまれている。
キューバ、ベネズエラなど中南米、カナダ、日本、韓国、台湾など、10カ国からの選手同士が、めいめい、ばらばらで、コミュニケーションがとれない。クラブハウスでも、アメリカ人同士がグループにわかれたり、日本人のイチローやジョージマなどは、ストレッチしたり雑誌に眼を通したり、それぞれが個人の殻に閉じこもる。

nansai080623-3.jpg

なによりも、ことばと文化の壁が大きいという。
思いちがいもそねみもあるらしい。選手に声をかけて心服させられるリーダーがいない。チームとしての、現在の阪神とは、そこが違う。イチローと、兄貴金本のチーム内の人望の差があるのだ。

ジョージマ捕手への風あたりは強いようだ。投手たちとの間の溝が深い。ゲームプラン、野球観が違うらしい、
他を寄せ付けない孤高のスター選手イチローが出塁しようがしまいが、そのうちに、チームはどんどん負けがこむ。
あっという間に最下位だ。首脳陣のいれかえとなった。

やはり異文化コミュニケーションは、たやすくない。
ツギャザネス、つまり一体感、というか方向性、志がまとめられない。チーム一体となって勝てないという問題の根っこに、マリナーズ球団経営の一足先に進んだグローバル化があった。

nansai080623-4.jpg


監督は、世界のすみずみから集まった個性の強い選手たちのばらばらの組織をまとめる。かれの人間的掌握力は、偉大だ。国籍にはカンケイなく。

外人選手をとるのがへたと、グローバル化には後手を踏んでいる阪神には、こんな心配はない。喜んでいいのか。
日本の企業内でも、コミュニケーションが途絶する時代だし、正社員と派遣社員の立場ごとに心理的な壁が築かれて、敵味方に別れ、バーチャルなゲットーのなかにみずからを封じ込め、立て籠もるのだ。匿名のうめき声が2チャンネルへの書き込みなのか。


投稿者 nansai : 2008年6月23日 17:29